2017年3月22日水曜日

【事件メモ】2017 03/15







2017年 3/15(水) 配信

小沼正一容疑者 (69) 宅配便を装って80代の女性の家に侵入し、現金などを奪った
弦本康孝被告(28)別の強姦などの疑いで15日午後、再逮捕
三浦章容疑者(52)危険ドラッグを購入した
瀧沢 竜之介容疑者(26)詐欺






-------------------------------------------------------------------------------------------






No.001
小沼正一容疑者 (69)
宅配便を装って80代の女性の家に侵入し、女性を縛るなどしてケガをさせた上、現金などを奪った

日本テレビ系(NNN) 3/15(水) 12:00配信
1











No.002
弦本康孝被告(28)NHK山形放送局の元記者
別の強姦などの疑いで15日午後、再逮捕

日本テレビ系(NNN) 3/15(水) 20:16配信
2 











No.003
三浦章容疑者(52)
危険ドラッグを購入した

日本テレビ系(NNN) 3/15(水) 17:54配信
3











No.004
瀧沢 竜之介容疑者(26)
金崎龍介容疑者(28)
詐欺

フジテレビ系(FNN) 3/15(水) 16:35配信
4











No.005
その他
5  










おわり






























1






宅配業者を装い強盗 男を逮捕

フジテレビ系(FNN) 3/15(水) 18:32配信

宅配業者を装って、1人暮らしの80代の女性の家に押し入り、女性を縛って、現金およそ60万円を奪った疑いで、リサイクル業の男が警視庁に逮捕された。
強盗致傷などの疑いで逮捕された小沼正一容疑者(69)は、2016年10月、段ボール箱を持ち、宅配業者を名乗って、東京・杉並区の80代の女性の家を訪問し、玄関ドアを開けた女性に果物ナイフを突きつけ、結束バンドで両手足を縛り、現金およそ60万円などを奪い、女性に軽傷を負わせた疑いが持たれている。
警視庁によると、小沼容疑者は、被害を受けた女性と同じ病院に通っていて、1人暮らしで自宅に現金が置いてあることを女性から聞き出し、犯行に及んだという。
調べに対し、小沼容疑者は容疑を認めている。


戻る



















2



戻る



















3



フジテレビ系(FNN) 3/15(水) 18:41配信

戻る



















4



テレビ朝日系(ANN) 3/15(水) 11:58配信





ホーム入居権巡り“解決金”詐取 3人逮捕

日本テレビ系(NNN) 3/15(水) 21:58配信

 老人ホームの入居権を巡るトラブルの解決金名目で現金をだまし取ったとして、振り込め詐欺グループのメンバーの男3人が逮捕された。

 逮捕されたのは、振り込め詐欺グループメンバーの滝沢竜之介容疑者(26)ら男3人。警視庁によると、3人は今月上旬、広島県内の80代の女性に電話をかけ、「あなたには新しくできる老人ホームの優先的な入居権があるが、別の人に譲ってほしい」と持ちかけた。女性が了承すると、その後、別人を装って電話し、「名義貸しは禁止されている」と言って、解決金名目で現金250万円をだまし取った疑いが持たれている。

 同様の手口による詐欺被害は、去年10月から全国で70件、2億円ほど確認されていて、警視庁が関連を調べている。

戻る



















5
その他

3/15(水) ---------------------------------------------------------------------------



「アレフ」施設で火事、ケガ人なし 湖南市

日本テレビ系(NNN) 3/15(水) 18:03配信

 15日早朝、滋賀県湖南市にあるオウム真理教から名前を変えた「アレフ」の施設で火事があり、木造の建物などが全焼した。

 火事があったのは、湖南市平松にある「アレフ」の教団施設で、15日午前5時50分ごろ、近所の人から「炎が上がっている」と消防に通報があった。消防車6台が駆け付け、火は約2時間後に消し止められたが、木造平屋建ての建物とプレハブ小屋、合わせて約130平方メートルが全焼した。

 警察によると、施設では以前、信者が集団生活をしていたということだが、現在はほとんどが県内の別の施設に移っており、出火当時は無人で、ケガ人はいなかった。警察と消防が詳しい出火原因を調べている。


小金井・女子大学生刺傷、検察側は控訴せず

TBS系(JNN) 3/15(水) 18:01配信

 東京・小金井市で、芸能活動をしていた女子大学生を殺害しようとした罪に問われたファンの男について、東京地検立川支部は懲役14年6か月とした判決に対して、控訴しませんでした。

 岩崎友宏被告(28)は去年5月、小金井市で、芸能活動をしていた大学生の冨田真由さん(21)をナイフで刺した殺人未遂などの罪に問われ、東京地裁立川支部は先月28日、懲役14年6か月の判決を言い渡しました。これに対し、東京地検立川支部は控訴の期限となる14日までに控訴しませんでした。

 裁判で、冨田さんは無期懲役を求め、判決後は代理人弁護士を通じて、検察側に「控訴してほしい」と伝えていました。検察側が控訴しなかったことについて、冨田さんの代理人弁護士は「非常に残念だ」とコメントしています。

 一方、岩崎被告は判決を不服としてすでに控訴しています。(15日13:00)


幼い姉弟を殺害、母親に懲役9年の実刑判決

日本テレビ系(NNN) 3/15(水) 20:13配信

 神奈川県厚木市で幼い姉弟を殺害したなどの罪に問われた母親の裁判で、懲役9年の判決が言い渡された。

 厚木市の落合ちあき被告(40)は、去年2月、自宅で長女のゆめあちゃん(7)と二男の春馬君(5)の首を絞めて殺害し、長男(11)も殺害しようとした罪に問われ、初公判で起訴内容を認めていた。裁判では検察・弁護側の双方とも、「犯行時は夫の不倫の悩みからうつ病になり、心神耗弱状態だった」とした上で、量刑が争点となっていた。

 15日の判決で横浜地裁小田原支部は、犯行時の心神耗弱状態を認定した上で、家庭の不和から無理心中を図ったのは「身勝手だ」と指摘。「自らを慈しみ守ってくれるはずの母親に人生を奪われた被害者らは哀れというほかない」などとして、懲役9年の実刑判決を言い渡した。


戻る










end

0 件のコメント:

コメントを投稿