2017年3月29日水曜日

【事件メモ】2017 03/24







2017年 3/24(金) 配信

川谷一幸容疑者(33) 2016年8月に行われたライブ中にゴキブリをまいた
寺井淳被告(29)懲役2年6か月、執行猶予4年 押切もえさんのメールをのぞき見
近藤弘治被告(62)懲役14年6か月
桐山悟容疑者(39)義母と妻殺害
石川幸子被告(33)養女の愁被告(25)子どもにおもちゃを万引きさせた
君野康弘被告(50)礒飛京三被告(41)死刑→無期懲役の判決を大阪高検が上告






--------------------------------------------------------------------------------------------






No.001
川谷一幸容疑者(33) 大阪・東大阪市の調理師
2016年8月に行われたライブ中にゴキブリをまいた

フジテレビ系(FNN) 3/24(金) 14:42配信
1 











No.002
寺井淳被告(29)元・日本経済新聞社社員
懲役2年6か月、執行猶予4年 押切もえさんのメールをのぞき見していた

日本テレビ系(NNN) 3/24(金) 17:55配信
2 











No.003
近藤弘治被告(62)自称・祈祷師の「龍神」
懲役14年6か月

日本テレビ系(NNN) 3/24(金) 20:53配信
3











No.004
桐山悟容疑者(39)岐阜県大垣市の無職
義母と妻殺害

日本テレビ系(NNN) 3/24(金) 21:53配信
4











No.005
石川幸子被告(33)長野県上田市の無職
養女の愁被告(25)
10歳と6歳の子どもにおもちゃを万引きさせた
児童福祉法違反の疑いで追送検

TBS系(JNN) 3/24(金) 5:27配信
5











No.006
君野康弘被告(50)
礒飛京三被告(41)
大阪高検は、1審の裁判員裁判の死刑判決を無期懲役に減刑した大阪高裁の判決を不服とし上告した

TBS系(JNN) 3/24(金) 5:29配信
6 












その他
7 










おわり






























1



戻る




















2




戻る



















3


戻る



















4


戻る



















5


戻る



















6


戻る



















7
その他

3/24(金) ---------------------------------------------------------------------------



栃木・小山の男性死亡事故、差し戻し審で有罪判決

TBS系(JNN) 3/24(金) 1:35配信

 栃木県小山市で男性を車ではねて死亡させた罪に問われた男の差し戻しの裁判で、東京高裁は、1審の無罪判決を取り消し、有罪判決を言い渡しました。

 仁平悠斗被告(26)は、2012年1月、直前に別の人が起こした事故で道路に投げ出されたバイクの男性(当時20)を車でひいて死なせたとして、自動車運転過失致死の罪に問われています。1審は無罪でしたが、2審は有罪判決で、最高裁は「審理が尽くされていない」として裁判のやり直しを命じました。

 23日の差し戻し審の判決で、東京高裁は「前を走る車が急に減速したことなどから、何らかの異常事態が起きたと予測できた」と指摘。その上で、「前方の安全を確認する注意義務を怠った過失がある」として、仁平被告に禁錮2年、執行猶予4年の有罪判決を言い渡しました。(23日18:11)



教諭2人を懲戒免職、少女にみだらな行為

TBS系(JNN) 3/24(金) 1:37配信

 茨城県の中学校と高校の男性教諭2人が、18歳未満の女性に対し、みだらな行為をしたとして、懲戒免職となりました。

 茨城県によりますと、県内の中学校の28歳の男性教諭と高校の37歳の男性教諭は、それぞれ、18歳未満の女性に対して、去年、複数回、みだらな行為をしたということです。

 被害者の女性が学校に相談したことなどから発覚し、2人は教育委員会の調査に対し、行為を認めたということです。県は23日付けで2人を懲戒免職にしました。

 茨城県の小野寺俊教育長は、「全教職員の力を結集して、教職員の不祥事根絶と信頼回復に努めてまいります」とコメントしています。(23日18:50)



鳥越氏が告訴の週刊文春編集長、不起訴に

TBS系(JNN) 3/24(金) 7:28配信

 ジャーナリストの鳥越俊太郎さんが虚偽の記事で名誉を傷付けられたなどとして週刊文春の編集長を刑事告訴していましたが、東京地検特捜部は編集長を嫌疑不十分で不起訴としました。

 これは、去年7月、週刊文春が鳥越氏の過去の女性関係についての記事を掲載したもので、当時、東京都知事選に出馬していた鳥越氏が、「記事は事実無根で選挙の公正を害する」として、週刊文春の編集長を名誉毀損や公選法違反の疑いで東京地検特捜部に刑事告訴していました。

 鳥越氏の代理人によりますと、特捜部は23日付けで嫌疑不十分で編集長を不起訴処分にしたということで、特捜部は記事の内容が虚偽だと立証できないと判断したとみられます。

 週刊文春側は「当然の決定と受け止めています」とコメントしていて、鳥越氏側は「大変遺憾に思う」とコメントしています。(23日19:17)




近所の対立女性に“ぬれぎぬ” 母娘らが嘘の被害届

テレビ朝日系(ANN) 3/24(金) 18:54配信

 近所で対立していた女性に偽の傷害事件のぬれぎぬを着せようとした疑いです。

 福岡県福智町の中村美恵容疑者(64)と娘の美穂容疑者(33)と深川秀子容疑者(66)3人は去年10月、自治会の運営を巡って対立していた女性について、「暴力を受け、けがをさせられた」と嘘の被害届を出した疑いが持たれています。深川容疑者は容疑を認めていますが、中村親子は否認しています。中村親子は、近所の女性らに目撃者役になるよう無理やり迫った容疑でも逮捕されています。


戻る










end

0 件のコメント:

コメントを投稿