2017年9月8日金曜日

【事件メモ】朝鮮人(2017.08)







朴龍一容疑者(49)81歳の母親を蹴り​​​​​​​殺す
朴寿男被告(70)クレジットカードで商品を購入したように装い現金をだまし取った
韓国籍の34歳の男  台湾で現金約33万円を窃盗→1日に日本へ逃亡→台湾送還→6日の正午頃逮捕。
朴福蓮被告  関税法違反事件の控訴審で、被告が不在のまま、懲役4年、罰金150万円
韓国籍の男性(87)脱税
崔美里愛容疑者(55)58歳の夫の腹を家にあった包丁で刺し、殺害しようとした
金輝俊容疑者(40)世田谷区のコンビニで突然、持っていた包丁で女性の首を突き刺した
ビョン・チャンウ容疑者(26)歩いていた30歳の女性の顔を手で押さえ付けて体液を塗り付けた
陳宗哲容疑者(68)朴昌奎容疑者(68)仏像「木造大日如来坐像」を売買をあっせんした






--------------------------------------------------------------------------------------------






朴龍一容疑者(49)広島市東区
81歳の母親を蹴り​​​​​​​殺す

TBSニュース 3日 14時20分





母親を蹴り、その後死亡 傷害の疑いで長男を逮捕3日 14時20分
 81歳の母親を蹴りけがをさせたとして、長男が警察に逮捕されました。母親は死亡しましたが、近所では認知症のような行動がたびたびみられていました。
 傷害の疑いで逮捕されたのは、広島市東区の朴龍一容疑者(49)です。警察によりますと、朴容疑者は1日から2日にかけて、自宅アパートで2人暮らししていた81歳の母親の腰などを数回蹴り、けがをさせた疑いがもたれています。容疑を認めているということです。

 母親は2日未明、病院で死亡が確認されました。近所の住民によりますと、母親には認知症のような行動がみられ、1人で出かけた母親を朴容疑者が迎えに行く姿がたびたび目撃されていたということです。

 一方で、警察によりますと、母親はこれまで病院を受診していなかったということです。警察は3日、遺体を司法解剖してけがと死因との因果関係を調べています。










朴寿男被告(70)
クレジットカードで商品を購入したように装い現金をだまし取った

産経WEST2017.8.3 21:36
ヤミ金偽装工作か…カードで商品購入装い現金詐取 韓国籍の男を再逮捕 大阪府警

 クレジットカードで商品を購入したように装い現金をだまし取ったとして、大阪府警生活経済課などは3日、電子計算機使用詐欺容疑で、堺市北区蔵前町、無職の韓国籍、朴寿男被告(70)=貸金業法違反などの罪で起訴=を再逮捕した。容疑を認めている。

 同課によると、朴容疑者は古物商の届け出をして営業していた大阪市中央区のヤミ金業の店舗で、客が商品をクレジットカードで購入したように装って決済。決済金額の約15%を利息として受け取り、残金を客に貸し付けていた。ヤミ金を偽装する工作だったとみられる。

 再逮捕容疑は、客の男(69)と共謀し平成27年2月下旬、カード会社から現金約25万円を詐取したとしている。

 朴容疑者は6月、無登録でヤミ金を営んでいたとして府警に逮捕されていた。










韓国籍の34歳の男
台湾与党の民進党本部から現金約33万円を窃盗し、1日に日本へ逃亡したが入国拒否され台湾桃園国際空港に送還された。その後、出入国カウンターから逃走し、今度は新北市の温泉旅館に向かい、空き家に潜伏。6日の正午頃逮捕。

ゴゴ通信 2017/08/07 01:35:52

台湾与党の民進党本部から韓国人が現金を窃盗 日本に逃亡するも入国拒否され逮捕




台湾与党の民進党、党本部から現金約33万円を窃盗したとして、韓国籍の34歳の男性を6日逮捕。
党は2日に現金が盗まれたと警察に通報し、容疑者である男性の身柄を特定。男性は1日に日本へ逃亡したが、窃盗常習犯と判明していたため、日本に入国拒否され台湾桃園国際空港に送還された。
その後、容疑者は出入国カウンターから逃走し、今度は新北市の温泉旅館に向かい、空き家に潜伏。近辺で容疑者の恋人女性が発見されるが男性だけ見つからず、その後警察が空き家に潜んでいる容疑者男性を6日の正午頃に発見し逮捕に至った。










朴福蓮被告
関税法違反事件の控訴審で、被告が不在のまま、懲役4年、罰金150万円

産経WEST 2017.8.9 16:45
生きてれば79歳…韓国籍女に二審も実刑 行方不明で審理45年中断

(1/2ページ)
 被告の女が行方不明になったため、昭和47(1972)年2月を最後に審理が45年以上中断した覚せい剤取締法違反(営利目的譲り渡しなど)と関税法違反事件の控訴審で、広島高裁岡山支部(長井秀典裁判長)は9日、韓国籍の朴福蓮被告が不在のまま、懲役4年、罰金150万円とした一審の岡山地裁判決を支持、被告側の控訴を棄却する判決を言い渡した。

 朴被告は保釈中に韓国へ出国したまま行方不明の状態が続き、生存していれば79歳。最高裁によると、全国の高裁に係属していた刑事裁判で最も古いケースとみられる。

 控訴審では被告の出廷義務はない。判決が確定した場合、刑法32条に基づき、朴被告の懲役刑については10年間、罰金刑は3年間執行されなければ時効が完成する。7月の審理再開に当たって新たに選任された国選弁護人は判決後、「時効となる可能性は高いが、被告との連絡を試み、上告も検討する」としている。

 判決によると、朴被告は昭和40(1965)~43(1968)年、兵庫県内で覚醒剤7・35キロを2人に計1189万円で譲り渡すなどした。

(2/2ページ)
 7月の公判では、被告側が審理中断の前から訴えていた量刑不当の主張を維持。長井裁判長は判決理由で「譲渡した量は多く、覚醒剤の害悪を社会に拡散させた程度は非常に大きい。刑事責任は重く、一審の量刑は相当だ」と述べた。










韓国籍の男性(87)
脱税

産経WEST 2017.8.9 12:54
韓国企業株の配当3億円申告漏れ 、名古屋在住の創業者男性、韓国でも申告せず

 韓国の大手食品用ラップメーカー創業者で、名古屋市に住む韓国籍の男性(87)が名古屋国税局の税務調査を受け、平成27年までの5年間で、保有していた同社株の配当所得約3億円の申告漏れを指摘されていたことが9日、分かった。韓国で納めた税金を差し引いた追徴課税は、過少申告加算税を含めて約9千万円とみられる。

 韓国の大韓貿易投資振興公社によると、このメーカーは1983(昭和58)年設立。韓国内でのラップのシェアは8割という。

 男性は取材に申告漏れを認め、「配当金は親族が使っていた。納付すべきものは納める」としている。

 日本の居住者が韓国で所得を得た場合、日本と韓国で二重に課税されるのを防ぐため、韓国で課税された分を差し引いて日本で申告する必要がある。男性は韓国でも申告していなかった。










崔美里愛容疑者(55)チェ・ミリエ 長野市青木島町の無職で韓国籍
16日午前0時すぎ、同居する58歳の夫の腹を家にあった包丁で刺し、殺害しようとした

日テレNEWS24  2017年8月16日 18:54

 16日未明、長野市で夫の腹を包丁で刺して殺害しようとした疑いで55歳の女が現行犯逮捕された。

 殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、長野市青木島町の無職で韓国籍の崔美里愛容疑者。16日午前0時すぎ、同居する58歳の夫の腹を家にあった包丁で刺し、殺害しようとした疑いが持たれている。夫の命に別条はないという。

 警察の調べに対し、崔容疑者は刺したことは認めているが、「殺すつもりはなかった」と容疑を否認している。今年に入り、崔容疑者から複数回、口論の相談があり、警察が出動することもあった。警察は2人の間に何らかのトラブルがあったとみて詳しい動機を調べている。










テレビ朝日ニュース 2017/08/16 11:52

 長野市で夫の腹を刃物で刺して殺害しようとしたとして、55歳の妻が逮捕されました。

 韓国籍の無職・崔美里愛(チェ・ミリエ)容疑者は16日午前0時すぎ、長野市の自宅で夫(58)の腹を刃物で刺して殺害しようとした疑いが持たれています。夫は病院に搬送されましたが、命に別状はないということです。
 近所の住民:「(Q.昨夜の様子は?)妻が(近所が)騒がしいと言っていた。夫婦で怒鳴っているような声はたまに聞こえた」
 崔容疑者は夫と2人暮らしでした。警察の調べに対して刺したことは認めていますが、殺意は否認しています。警察は崔容疑者が口論の末、自宅にあった包丁で刺したとみて調べています。










金輝俊容疑者(40)韓国人で自称プログラマー
22日未明、東京・世田谷区のコンビニで突然、持っていた包丁で女性の首を突き刺した

日テレNEWS24 2017年8月22日 05:55

 コンビニで男が突然、女性を包丁で刺した。

 警視庁によると22日未明、東京・世田谷区のコンビニで男が突然、持っていた包丁で女性の首を突き刺したという。女性は軽傷。

 警視庁は韓国人で自称プログラマーの金輝俊容疑者を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕し、詳しい経緯を調べている。





産経ニュース 2017.8.22 08:16
コンビニ前で女性切りつけ 自称プログラマーの40歳男を逮捕

 コンビニエンスストア前で女性を刃物で殺害しようとしたとして、警視庁世田谷署は22日、殺人未遂の現行犯で、韓国籍の自称プログラマー、金輝俊(キム・フィジュン)容疑者(40)=東京都世田谷区野沢=を逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前1時5分ごろ、同区三軒茶屋のコンビニ「ファミリーマート三軒茶屋1丁目店」の出入り口前で、買い物を終えて店外に出た無職女性(38)の首に包丁を突き刺し殺そうとしたとしている。女性は首に軽傷を負った。「そんなことしていません」などと容疑を否認している。

 同署によると、女性は店内に逃げ込み、男性店員が110番通報した。金容疑者と女性に面識はないという。同署が詳しい状況などを捜査している。










ビョン・チャンウ容疑者(26)広島市の韓国籍
2014年10月、柏市内の路上で、歩いていた当時30歳の女性の顔を手で押さえ付けて体液を塗り付けた

テレビ朝日ニュース 2017/08/30 17:48

 千葉県柏市の路上で女性(当時30)の顔に体液を塗り付けたなどとして、暴行の疑いで26歳の韓国人の男が逮捕・送検されました。

 広島市の韓国籍、ビョン・チャンウ容疑者は2014年10月、柏市内の路上で、歩いていた当時30歳の女性の顔を手で押さえ付けて体液を塗り付けたとして、暴行の疑いで30日朝に送検されました。警察によりますと、事件発生から2時間後に女性からの通報を受けて警察が駆け付けましたが、すでにビョン容疑者は逃走していました。その後の鑑識活動などから、ビョン容疑者の関与が浮上したということです。取り調べに対して、ビョン容疑者は「欲求不満などから犯行に及んだ」と容疑を認めています。警察は、他にも余罪があるとみて捜査を進めています。



TBSニュース 



女性の顔に体液ぬりつける、暴行の疑いで男逮捕

30日

13時19分

 千葉県柏市の路上で、歩いていた女性の顔を押さえつけ、体液をぬりつけたとして、26歳の男が警察に逮捕されました。
 暴行の疑いで逮捕されたのは、広島市・西区に住む韓国籍で自称・会社員のビョン・チャンウ(26)容疑者です。ビョン容疑者は、2014年10月、千葉県柏市内の路上で歩いていた当時30歳の女性の顔を押さえつけ、体液をぬりつけるなどした疑いがもたれています。
 警察によりますと、被害にあった女性から「体液をつけられたかもしれない」と通報があり、その後の捜査の中でビョン容疑者が浮上したということです。
 2人は面識はなく、ビョン容疑者は容疑を認めた上で、「欲求不満などから犯行に及んだ」といった趣旨の供述をしているということです。警察は余罪についても調べています。


産経ニュース 2017.8.31 17:16
女性の顔に体液塗りつける 千葉・柏の路上で犯行、韓国籍の男逮捕

 女性の顔に体液を塗りつけるなどしたとして、千葉県警柏署は、暴行の疑いで、韓国籍で広島市西区の自称会社員、ビョン・チャンウ容疑者(26)を逮捕した。「欲求不満から犯行に及んだ」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、平成26年10月21日午後10時25分ごろ、千葉県柏市の路上を歩いていた県内居住の女性=当時(30)=の顔を手で押さえ、事前に用意していた自分の体液を顔面に塗りつけるなどの暴行を加えたとしている。女性にけがはなかった。

 同署によると、ビョン容疑者と女性に面識はなかった。女性が事件から約2時間後に同署に通報。鑑識活動などからビョン容疑者の関与が浮上したという。同署は余罪などについて捜査を進めている。










陳宗哲(ちん・そうてつ)容疑者(68)
朴昌奎(ぼく・しょうけい)容疑者(68)
国の重要文化財に指定されている平安時代の仏像「木造大日如来坐像」(高さ117センチ)を盗品と知りながら売買をあっせんした

産経WEST 2017.8.31 18:10
盗難から7年、重文仏像見つかる 売却疑いの韓国籍の男ら2人逮捕 大阪府警

 国の重要文化財に指定されている平安時代の仏像「木造大日如来坐像」(高さ117センチ)が盗品と知りながら売買をあっせんしたとして、大阪府警捜査3課と豊能署は31日、盗品等処分あっせんの疑いで岡山市北区今の無職、陳宗哲(ちん・そうてつ)容疑者(68)を、仏像を運搬したとする盗品等運搬の疑いで大阪府八尾市天王寺屋の無職、朴昌奎(ぼく・しょうけい)容疑者(68)=ともに韓国籍=を逮捕したと発表した。

 坐像は大阪府能勢町の今養(こんよう)寺に収蔵されていたが、平成22年3月に盗まれたことが発覚。府警は8月30日、八尾市内の朴容疑者の関係先を家宅捜索し、毛布にくるまれた坐像を発見し、回収した。

 陳容疑者の逮捕容疑は、坐像が盗品と知りつつ今年6月9日午後、京都市内のホテルで、70代男性に「買い手を紹介してほしい」などと持ちかけたとしている。朴容疑者は同日、ホテルへ坐像を運んだ疑いが持たれている。

 府警によると、前日に文化庁へ「盗品の仏像の撮影会が京都で行われる」との情報提供があった。6月下旬に情報を把握した府警が防犯カメラ映像などを精査し、両容疑者の関与が浮上した。陳容疑者は男性に対し、「数千万円の価値がある」と伝えたという。

 陳容疑者は「(坐像は)借金のカタで友人にもらった。盗品とはっきり認識していなかった」と容疑を否認。朴容疑者は「運んだが、盗品と知らなかった」と供述しているという。

 今養寺は住職が不在で、坐像は檀家(だんか)らが管理。同町教委生涯教育課は「町内で唯一の重文。7年越しに無事見つかってほっとした」としている。

 文化庁によると、坐像は昭和31年6月に国の重文に指定。ヒノキの寄せ木造りで平安時代後期の技法の特色を表しているという。






end

0 件のコメント:

コメントを投稿