2017年9月29日金曜日

【事件メモ】2017 09/24 - 25







2017年 09/24
鮎沢博容疑者(68)アパート1階の自分の部屋に火を付け、2階の75歳の女性に全治2週間のけがをさせた

2017年 09/25
坂口時彦容疑者(62)  田中聡容疑者(47) 未承認の小じわをとる医療機器を販売した
宮崎彰人容疑者(48)知的障害のある女性に性的暴行を繰り返した
村永義雄被告(61)懲役6か月、執行猶予3年 ハトへのエサやりを注意され暴行
池田徳信被告(29)無期懲役を求刑 強盗殺人






--------------------------------------------------------------------------------------------






No.001
鮎沢博容疑者(68)
東京・葛飾区のアパート1階の自分の部屋に火を付け、2階の部屋に住んでいた75歳の女性に全治2週間のけがをさせた

テレビ朝日ニュース 2017/09/24 11:57
1

 アパートの自分の部屋に火を付けて他の部屋に住む女性にけがをさせたとして、68歳の男が逮捕されました。

 鮎沢博容疑者は今年6月、東京・葛飾区のアパート1階の自分の部屋に火を付け、2階の部屋に住んでいた75歳の女性に全治2週間のけがをさせた疑いが持たれています。警視庁によりますと、鮎沢容疑者が火を付けたのは午前3時半ごろで、眠っていた75歳の女性は逃げる際、喉にやけどを負ったということです。鮎沢容疑者は「生活が苦しく、人生に希望がなくなった」と容疑を認めています。










No.002
坂口時彦容疑者(62) 美容医療機器販売会社「セイルインターナショナル」社長
田中聡容疑者(47) 元販売課長
日本では承認されていない顔の小じわをとる医療機器を販売した

日テレNEWS24 2017年9月25日 12:18
2

 日本では承認されていない顔の小じわをとる医療機器を販売した疑いで、販売会社の社長ら2人が逮捕された。

 逮捕されたのは、美容医療機器販売会社「セイルインターナショナル」社長の坂口時彦容疑者と、元販売課長の田中聡容疑者の2人。警察によると、坂口容疑者らは、日本では承認されていない顔の小じわをとるとされる「サーマクール」という機器を、名古屋市内の医療機関に販売したなどの疑いが持たれている。

 調べに対し、坂口容疑者は、「輸入の事務を代行しただけ」と容疑を否認しているが、田中容疑者は認めているという。

 坂口容疑者らが販売した「サーマクール」を巡っては、やけど被害が発生しているとして、厚生労働省が注意を促していた。










宮崎彰人容疑者(48)東京・渋谷区代々木の無職
知的障害のある女性に性的暴行を繰り返した

日テレNEWS24  2017年9月25日 14:13
3

 知的障害のある女性に性的暴行を繰り返したとして48歳の男が逮捕された。

 逮捕されたのは、東京・渋谷区代々木の無職、宮崎彰人容疑者。捜査関係者によると宮崎容疑者は2015年3月と去年9月の2回、知的障害がある30代の女性に対して、都内のビルのトイレ内で性的暴行を加えた疑いがもたれている。

 宮崎容疑者はこの2回以外にも同じ女性に対して性的暴行を加えたとして、既に2度、逮捕・起訴されている。

 調べに対し宮崎容疑者は黙秘しているが、警視庁は、被害を訴えたり抵抗したりすることができない女性に性的暴行を繰り返していたとみて調べている。










村永義雄被告(61)懲役6か月、執行猶予3年
今年7月、愛知県名古屋市で、ハトへのエサやりを注意してきた男性に暴行

日テレNEWS24  2017年9月25日 12:53
4

 今年7月、愛知県名古屋市で、ハトへのエサやりを注意してきた男性に暴行を加えけがをさせた罪に問われている男に対し、名古屋地裁は25日、執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。

 起訴状などによると、村永義雄被告(61)は今年7月、男性(76)に蹴るなどの暴行を加え、骨折などのけがをさせた罪に問われている。これまでの裁判で村永被告は起訴内容を認め、検察側の懲役6か月の求刑に対し、弁護側は執行猶予付きの判決を求めていた。

 25日の判決公判で安福幸江裁判官は「ハトへの餌付けを妨害され立腹しての犯行で動機に酌むべき事情はない」と指摘した一方で、被害者への謝罪の態度や再犯をしないと反省していることから、村永被告に対し懲役6か月、執行猶予3年の判決を言い渡した。










No.005
池田徳信被告(29)無期懲役を求刑
去年6月、阿部祝子さん(当時88)を殺害して現金約35万円を奪ったうえ、遺体を切断するなどして目黒区の碑文谷公園の池に捨てた

テレビ朝日ニュース  2017/09/25 11:57
5

 去年、東京・目黒区の碑文谷公園で女性の切断された遺体が見つかった事件で、強盗殺人の罪などに問われた男の裁判が開かれ、検察側は無期懲役を求刑しました。

 池田徳信被告(29)は去年6月、阿部祝子さん(当時88)を殺害して現金約35万円を奪ったうえ、遺体を切断するなどして目黒区の碑文谷公園の池に捨てた罪などに問われています。池田被告は強盗殺人の罪については否認しています。25日の裁判で、検察側は「遺族に謝罪をせず、被告人質問でも一切、語ろうとしていない」「動機や経緯は身勝手で、くむべき事情が皆無である」などと厳しく指摘し、無期懲役を求刑しました。判決は29日に言い渡される予定です。










おわり






























1



戻る




















2






テレビ朝日ニュース 2017/09/25 11:49




日テレNEWS24 2017年9月26日 17:47

 未承認の小じわとり機が販売された事件で、社長らは無関係の医師の免許を無断で使って輸入していたことが新たにわかった。

 大阪市の医療機器販売会社、「セイルインターナショナル」社長の坂口時彦容疑者ら2人は、日本では承認されていない顔の小じわをとるとされる「サーマクール」という機器を、名古屋市の医療機関などに販売した疑いが持たれている。

 「サーマクール」はアメリカ製の医療機器で、医師が国の許可を得て個人で輸入し治療に使うことは認められている。しかし、警察や厚生労働省によると、坂口容疑者らは、事件に無関係の医師の医師免許のコピーを無断で使って、医師が個人輸入したように装い「サーマクール」を輸入していたという。

 警察は、有印私文書偽造の疑いでも調べを進めるとともに、2人以外にも関与した男がいるとみて行方を追っている。


戻る




















3


戻る




















4



戻る




















5




戻る










end

0 件のコメント:

コメントを投稿