2017年12月10日日曜日

【事件メモ】支那人(2017.11)







羅浩銓容疑者(30)曽灝銘容疑者(29)香港から金塊約27キロを密輸した
陳鋼被告(23)「アップルペイ」を悪用してデジタルカメラをだまし取ったなど
秦拓真容疑者(37)高明明容疑者(40)資格を持たない中国籍の男を不法就労させた
張鳳阳容疑者(27)他人の「ビックカメラ」のIDとパスワードを自宅のパソコンに保管した
周顕和被告(73)禁錮3年、執行猶予5年 糸魚川大火
林瑞勇容疑者(41)自社製品に国内外の自動車メーカー8社のロゴマークを無断で使用した
于静被告(34) 交差点に乗用車で突っ込み1人が死亡、4人が軽傷を負った事故を起こす
田静(でんせい)容疑者(36)火災保険金詐欺の元中国籍の玉華容疑者らに車を貸した
唐(タン)家(ジア)●(=くさかんむりに写の与が木)(ロン)被告(28無許可営業
陳天彪容疑者(31)象牙約7キロを密輸
張桂侠容疑者(62)風俗営業禁止地域で性的サービス






--------------------------------------------------------------------------------------------






羅浩銓容疑者(30)住所不定、職業不詳
曽灝銘容疑者(29)自称美容師 住所不定
香港から那覇港に金塊約27キロ(約1億2500万円相当)を大型クルーズ船で密輸した

産経WEST 2017.11.1 23:12
金塊27キロをクルーズ船で密輸容疑、中国人4人を逮捕 那覇海上保安部

 香港から那覇港に金塊約27キロ(約1億2500万円相当)を大型クルーズ船で密輸したとして那覇海上保安部(那覇市)は1日までに関税法違反(無許可輸入)などの疑いで、住所不定、職業不詳、羅浩銓容疑者(30)と住所不定、自称美容師、曽●(=瀬の束が景)銘容疑者(29)ら中国籍の男女4人を逮捕した。那覇地検は1日までに、4人を同罪などで起訴した。

 起訴状などによると、10月3日午後8時すぎに、大型クルーズ船で那覇港に運んだ金塊約27キロをコルセットなどに隠して日本国内に持ち込み、消費税と地方消費税計約1千万円を免れたとしている。

 沖縄地区税関によると羅被告はクルーズ船には客として乗船していた。

 同様に逮捕、起訴されたクルーズ船の男女2人の船員がそれぞれ、金塊を隠し持って上陸し、那覇市内で羅、曽両被告に渡していたところを税関職員が見つけ、摘発した。










陳鋼被告(23)懲役2年6月(求刑懲役4年)
「アップルペイ」を悪用してデジタルカメラをだまし取ったなど

産経WEST 2017.11.6 18:04
アップルペイ悪用で実刑 中国籍の男、大阪地裁

 米アップル社のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の決済機能「アップルペイ」を悪用してデジタルカメラをだまし取ったなどとして、詐欺などの罪に問われた中国籍の陳鋼被告(23)に大阪地裁は6日、懲役2年6月(求刑懲役4年)の判決を言い渡した。

 増田啓祐裁判官は「報酬欲しさから1カ月余りのうちに9回犯行に及んでおり、常習的だ」と指摘。一緒に詐取した共犯者と250万円を弁済したことを考慮しても実刑が相当と判断した。

 判決によると、3~4月、大阪市や京都市などの家電量販店やコンビニで、偽造したクレジットカードや、他人のカード情報を不正に登録した携帯電話でアップルペイを使い、カメラやたばこなど計750万円相当をだまし取った。
枠内の記事本文










秦拓真容疑者(37)茨城県鉾田市梶山の農業
高明明容疑者(40)妻の会社役員
資格を持たない中国籍の男(37)を不法就労させた

産経ニュース 2017.11.9 12:22
不法就労助長容疑で夫婦逮捕 不法残留容疑で中国人15人摘発

 茨城県警組織犯罪総合対策推進本部と鉾田署などは8日、入管難民法違反(不法就労助長)などの容疑で、鉾田市梶山の農業、秦拓真容疑者(37)と妻の会社役員、高明明容疑者(40)=中国籍=を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年10月7日から今年3月5日までの間、共謀の上、同市梶山の畑などで、農作業をする資格を持たない中国籍の男(37)に報酬を与えて農作業に従事させ、不法就労させたとしている。

 また、同本部などは同法違反(不法残留)などの容疑で、秦、高両容疑者の畑で働いていた27~52歳の中国籍の男女8人を逮捕し、同国籍の男女7人を東京入国管理局に収容した。県警は各容疑者の認否を明らかにしていない。










張鳳阳容疑者(27)
他人の「ビックカメラ」のIDとパスワードを自宅のパソコンに保管した

日テレNEWS24  2017年11月13日 19:03

 他人の「ビックカメラ」のIDとパスワードを自宅のパソコンに保管したとして中国人の男が再逮捕された。

 逮捕されたのは、中国人の張鳳よう(※)容疑者。警視庁によると、張容疑者は今年、自宅のパソコンに都内の50代の男性のビックカメラのIDとパスワードを保管した疑いなどが持たれている。

 張容疑者のパソコンやスマートフォンには他人のIDとパスワードが計130件保管されていたが、張容疑者は「パソコンに保管されていた情報については存在を知りませんでした」などと容疑を一部否認しているという。

 張容疑者は、不正に入手した他人のビックカメラのポイントを使ってデジタルカメラなどを購入したなどとして、すでに逮捕・起訴されていた。


※「よう」は「こざとへん」に「日」







テレビ朝日ニュース 2017/11/13 23:28

 家電量販店や通販サイトのポイントが不正に利用された事件で、他人のIDなどを自宅のパソコンなどに保管していたとして中国人の男が再逮捕されました。

 中国人の張鳳陽容疑者(27)は去年12月から今年9月までの間、都内の50代男性ら3人のインターネット関連企業のIDなどを自宅のパソコンやスマートフォンに不正に保管した疑いが持たれています。警視庁によりますと、張容疑者のパソコンからは約274万件の他人のIDやパスワードが見つかっています。張容疑者は流出したIDなどを用いて、「ビックカメラ」などの複数のサイトに不正アクセスを試みる「リスト型攻撃」に利用したとみられています。調べに対して容疑を一部、否認しているということです。



TBSニュース 13日 11時31分

ポイント不正利用、“他人のID”など保管か 中国籍の男逮捕

13日
11時31分


 大手家電量販店などのポイントが不正に利用された事件で、ポイントを入手するための他人のIDやパスワードを保管したとして、中国籍の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、中国籍の張鳳ヨウ容疑者(27)で、今年1月から9月にかけて、大手家電量販店「ビックカメラ」のポイントを入手するために利用した他人のIDやパスワードを自宅のパソコンに保管したなどの疑いが持たれています。
 張容疑者は「ビックカメラ」に対して、IDとパスワードの組み合わせによる不正アクセスを複数のサイトで試みる「リスト型攻撃」を120万回以上、繰り返していたとみられます。
 張容疑者は、「パソコンに入っていた情報については存在を知らなかった」と供述しているということです。










于洋被告(30)
「アップルペイ」でコンビニから大量のたばこを詐取した

産経ニュース 2017.11.14 18:01
アップルペイ悪用で有罪 たばこ詐取の中国人 さいたま地裁

 他人のクレジットカード情報を悪用し、「iPhone(アイフォーン)」の決済機能「アップルペイ」でコンビニから大量のたばこを詐取したとして、詐欺罪などに問われた中国籍の于洋被告(30)に、さいたま地裁は14日、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。

 判決理由で新井紅亜礼裁判官は「事前にコンビニの店長と親しくなるなど入念な準備をしていた」と指摘。一方で被告が罪を認め、母親が全額弁済したとして執行猶予を付けた。

 また同地裁は14日、被告と共謀したとして詐欺罪などに問われた中国籍の高辰欣被告(23)にも懲役2年6月、執行猶予4年(求刑2年6月)の判決を言い渡した。

 判決によると、埼玉県川口市のコンビニで3月26~27日、たばこ981カートン(約445万円分)をだまし取るなどした。










周顕和被告(73)禁錮3年、執行猶予5年
糸魚川大火の火元となったラーメン店の元店主

テレビ朝日ニュース 2017/11/15 18:50

 糸魚川大火の火元となったラーメン店の元店主に判決が言い渡されました。

 判決によりますと、ラーメン店の元店主・周顕和被告(73)は去年12月22日、店で中華鍋をガスコンロの火に掛けたまま帰宅。火が燃え広がり、新潟県糸魚川市の中心部の住宅など147棟を焼く大火となって17人がけがをしました。判決で、新潟地裁高田支部は「被害の程度は甚大。火を扱うものとして基本的な注意義務に反していた」と指摘し、禁錮3年、執行猶予5年の有罪判決を言い渡しました。













林瑞勇容疑者(41)神戸市の自動車用品会社「東昇国際」の社長
自社製品に国内外の自動車メーカー8社のロゴマークを無断で使用した

テレビ朝日ニュース 2017/11/15 18:55

 大手自動車メーカーのロゴマークを無断で使用したとして社長らが逮捕されました。

 神戸市の自動車用品会社「東昇国際」の社長・林瑞勇容疑者(41)らは、自社製品に国内外の自動車メーカー8社のロゴマークを無断で使用した疑いが持たれています。警察によりますと、林容疑者らはシートベルトを締めていなくても警報音が鳴らないようにする「シートベルト警告音キャンセラー」に大手自動車メーカーのロゴマークを無断で使っていました。沖縄などを除く44都道府県の約300人に販売していたということです。警察は、不正な改造を手助けした疑いでも2人を書類送検する方針です。








産経ニュース 2017.11.15 11:17
自動車メーカーのロゴ無断で使用、シートベルト警告解除装置 神戸の会社役員の男ら数人逮捕

 自動車メーカーのロゴマークを無断使用した「シートベルトキャンセラー」を販売目的で所持したなどとして、千葉県警は15日、商標法違反の疑いで、神戸市の自動車部品会社役員で中国籍の男ら数人を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、シートベルトキャンセラーは、シートベルト未装着時に鳴る警告音を消すために使用する装置。シートベルトキャンセラーをめぐり、商標法違反容疑での立件は全国初とみられる。

 男らは販売目的で、大手自動車メーカーのロゴを無断で使用した複数のシートベルトキャンセラーを所持した上、複数のインターネット通販サイトで販売目的の商品を広告し、メーカーの商標権を不当に侵害した疑いが持たれている。

 商品は主に中国から輸入し、インターネット通販で2個セットで数百円~数千円で販売していた。

 捜査関係者によると、シートベルトキャンセラーを運転席に着けると道路運送車両法に違反する不正改造に当たる可能性もある。シートベルトの未装着を助長しかねず、県警は男らの販売行為が同法違反容疑にあたるかについても調べを進めるとみられる。










于静被告(34)中国籍の無職
検察側は懲役8年を求刑 (2017.11.14)
求刑通り懲役8年 (2017.11.24)
静岡県浜松市で平成27年、交差点に乗用車で突っ込み1人が死亡、4人が軽傷を負った事故を起こす

産経ニュース 2017.11.15 11:49
車暴走5人死傷、懲役8年求刑 浜松の交差点事故で地裁支部

 静岡県浜松市で平成27年、交差点に乗用車が突っ込み1人が死亡、4人が軽傷を負った事故で、殺人と殺人未遂などの罪に問われた中国籍の無職、于静被告(34)に対する裁判員裁判の論告求刑公判が14日、静岡地裁浜松支部(山田直之裁判長)で開かれ、検察側は懲役8年を求刑した。

 事故当時に統合失調症だった被告の刑事責任能力や殺意について、検察側は「直前まで正常に運転していた。影響は直接的ではなく、完全責任能力があった。歩行者をはね、死亡させても構わないという未必の故意があった」と主張した。

 また検察側は殺人などの罪が認められない場合は、予備的訴因として自動車運転処罰法違反の危険運転致死傷罪(懲役5年)か過失致死傷罪(懲役3年)を適用するよう求めた。

 弁護側は最終弁論で被告は当時、心神喪失状態だったとして無罪を求めた。その上で「仮に耗弱状態と認められた場合でも、成立するのは自動車運転処罰法違反の過失致死傷罪のみであり、執行猶予付きの判決が相当だ」と述べた。

 起訴状によると、于被告は27年5月2日、浜松市中区の交差点に赤信号を無視して進入。横断歩道を渡っていた歩行者を次々とはね、同区の主婦、水鳥真希さん=当時(31)=を脳挫傷で死亡させたほか、4人に軽傷を負わせたなどとしている。



産経ニュース 2017.11.24 16:58
車暴走5人死傷で懲役8年判決 運転の女、地裁浜松支部

 浜松市で平成27年、交差点に乗用車が突っ込み1人が死亡、4人が軽傷を負った事故で、殺人と殺人未遂などの罪に問われた中国籍の無職、于静被告(34)に対する裁判員裁判で、静岡地裁浜松支部(山田直之裁判長)は24日、求刑通り懲役8年の判決を言い渡した。

 弁護側は事故当時、被告は統合失調症で、心神喪失状態だったとして、無罪を求めていた。

 判決によると、于被告は27年5月2日、浜松市中区の交差点に赤信号を無視して進入。横断歩道を渡っていた歩行者を次々とはね、中区の主婦、水鳥真希さん=当時(31)=を脳挫傷で死亡させたほか、4人に軽傷を負わせるなどした。










田静(でんせい)容疑者(36)
神奈川県葉山町で昨年3月、無職の石川栄さん(84)方に火をつけて火災保険金をだまし取ろうとした元中国籍の玉華(ようか)容疑者(50)らに移動する車を貸した

産経ニュース 2017.11.28 10:19
息子の妻が犯行主導か 知人女に協力依頼? “鬼嫁”のうわさ…姑に家庭内暴力の疑いも

(1/3ページ)

 神奈川県葉山町で昨年3月、無職の石川栄さん(84)方に火をつけて火災保険金をだまし取ろうとしたなどとして、石川さんの次男やその妻、妻の知人の女ら男女4人が逮捕された事件で、知人が妻に借金をしていたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。すでに逮捕から2週間以上が経過し、勾留期限の満期が迫る中、県警捜査1課は妻が金銭面で弱みのあった知人に犯行への協力を求めるなど主導的な役割を果たした疑いが強いとみて、全容解明を急いでいる。

知人の車で現場へ

 同課によると、今月10日、火災保険金をだまし取ろうとした詐欺未遂容疑で逮捕されたのは、石川さんの次男で大工の孝容疑者(59)と、その妻で元中国籍の玉華(ようか)容疑者(50)。玉華容疑者は、前夫との息子で無職の峰男容疑者(27)と共謀して石川さん方に火をつけたとして、現住建造物等放火容疑でも逮捕された。

 火災は昨年3月24日午前2時ごろに発生。同町木古庭にある木造2階建て住宅が全焼したほか、周辺にも延焼した。住宅内は無人でけが人はいなかった。

(2/3ページ)

 玉華容疑者ら家族3人は逮捕時、埼玉県川口市内に住んでいた。同課は玉華容疑者らが石川さん方まで移動する車を貸したとして、同幇助(ほうじょ)容疑で、玉華容疑者の知人で中国籍の田静(でんせい)容疑者(36)=東京都豊島区=も逮捕。捜査関係者によると、事件当時、玉華容疑者から借金をしていた。「車を貸しただけ」などと容疑を一部否認しているが、捜査関係者は「借金があり、玉華容疑者からの頼みを断れなかったのだろう」との見方を示す。

 玉華容疑者ら3人はそれぞれの逮捕容疑について、いずれも曖昧な供述を続けているという。

任意聴取するも

 捜査関係者によると、玉華容疑者ら家族3人は、今回の火災直前まで石川さん宅で同居していた。石川さん宅は平成23年2月ごろに2世帯住宅として新築されたとみられ、以降、石川さんの妻、タキさん=死亡当時(81)=を加えた5人で暮らしていたが、同居時期にあたる昨年2月、近くの山道で死亡しているのが見つかっている。

 頭に殴られたような痕があり、県警は事件に巻き込まれた疑いがあると判断。司法解剖で死因は頭部のけがからの出血性ショック死と判明した。だが、「道で1人で転倒して頭を打った可能性も否定しきれなかった」(捜査関係者)という。


 周辺に防犯カメラなどもなく、捜査は手詰まりになっていた。当時、孝容疑者や玉華容疑者からも任意で事情を聴いたが、関与を否定。火災はその約1カ月半後に起きた。

嫁の暴力で入院

 近所では、玉華容疑者の“鬼嫁”ぶりが話題になっていた。

 タキさんと親しかったという女性(76)は「タキさんから『嫁(玉華容疑者)にたたかれて、入院した』と聞いたことがある。『出ていけ!』といわれたこともあったそうで、信じられない女だと思っていた」と声を震わせる。

 別の70代の女性は「玉華容疑者は気が強かった。ゴミの分別などもせず、良い印象はない」とし、「タキさんと怒鳴り合うような声は、日常的に聞こえていた」と振り返る。

 タキさんの死亡当時、石川さんは周囲に「誰かにやられたんだ」と話していたという。死亡の数日後には、タキさんが大事にしていたという家具などが玄関前に放置されているのを複数の住民が目撃していた。

 石川さん方では今回の火災の2日前にも不審火があり、石川さんが消火活動中にやけどを負っていた。タキさんの死亡も含めて「疑惑は数多い」(捜査関係者)。同課は余罪の立件の可否も慎重に調べる方針だ。

■出血性ショック死 出血により体内を循環する血液が失われ、臓器に血が回らなくなった状態を「出血性ショック」といい、回復せずに死に至った場合を意味する。













唐(タン)家(ジア)●(=くさかんむりに写の与が木)(ロン)被告(28)
=道路運送法違反罪で起訴=を追送検
就労資格がないのに営業した入管難民法違反

産経WEST 2017.11.30 20:22
「中国式白タク」で中国籍男を追送検「300回運び、500万円売り上げ」供述

 中国人観光客向けに無許可のタクシー営業(中国式白タク)を行ったとして中国籍の男らが逮捕された事件で、大阪府警国際捜査課は30日、就労資格がないのに営業した入管難民法違反容疑で、中国籍の無職、唐(タン)家(ジア)●(=くさかんむりに写の与が木)(ロン)被告(28)=道路運送法違反罪で起訴=を追送検し、捜査を終結したと発表した。

 同課によると、唐被告は中国語の配車アプリを通じ、訪日客から依頼を受けて関西国際空港などで営業。50人以上の中国人ドライバーを使って昨年9月から白タク行為を行っていたとみられ、「客を300回以上運び、500万円の売り上げがあった」と供述しているという。










陳天彪容疑者(31)中国籍の船員
象牙約7キロを密輸

産経ニュース 2017.11.30 19:35
中国では価格4倍も 象牙約7キロを密輸容疑で中国籍船員を逮捕 警視庁

 ワシントン条約で国際取引が禁止されている象牙約7キロを無許可で国外に持ち出そうとしたとして、警視庁生活環境課は30日、関税法違反(無許可輸出予備)の疑いで、中国籍の船員、陳天彪容疑者(31)を逮捕した。

 逮捕容疑は11月28日午後11時45分ごろ、象牙約1本分を加工した長さ約10センチの象牙の印材など605本(流通価格約32万円)をリュックサックや紙袋に入れ、東京都江東区青海の岸壁に停泊中のコンテナ船に持ち込んで輸出しようとしたとしている。「誰かが勝手に入れたものだ」などと容疑を否認している。

 陳容疑者はこのコンテナ船で24日に中国・上海を出て28日午後7時半ごろに上陸。一度、船外に出た陳容疑者が船に戻ってきた際に荷物を持っていたため、東京税関職員が確認したところ犯行が発覚した。

 同課によると船は横浜を経由し、中国・青島に向かう予定だった。中国では象牙の国内市場が閉鎖されており、日本の3~4倍の価格で流通しているという。陳容疑者は「船に戻る前にアプリで知り合った男と食事をした」などと説明しており、同課が入手経路などを調べている。



テレビ朝日ニュース 2017/12/01 09:38












張桂侠容疑者(62)長野県松本市並柳の無職
ボリスト・ピアマット容疑者(36)タイ国籍で松本市城東の無職
風俗営業禁止地域で性的サービス

産経ニュース 2017.11.30 07:01
風俗営業禁止地域で性的サービスの疑い 中国人ら6人逮捕 長野

 松本市の風俗営業禁止地域で男性客に性的サービスをさせたなどとして、警視庁と県警の合同捜査本部は、風俗営業法違反(禁止地域内営業)の疑いで、いずれも中国籍で、松本市並柳の無職、張桂侠容疑者(62)ら女5人と、タイ国籍で松本市城東の無職、ボリスト・ピアマット容疑者(36)を逮捕した。逮捕は27日付。

 逮捕容疑は8月と11月、張容疑者が松本市内で経営する個室マッサージ店で、女性従業員に不特定の男性客に対し、性的サービスをさせたなどとしている。

 同本部は14日付で、入管難民法違反(資格外活動幇助(ほうじょ))の疑いで、タイ国籍の無職、スズキ・ラムン容疑者(38)=横浜市南区別所=ら17人を逮捕しており、スズキ容疑者が県内に斡旋(あっせん)した可能性があるとみて捜査している。










end

0 件のコメント:

コメントを投稿