2018年2月13日火曜日

【事件メモ】2018 01/31







2018年 01/31

中村豊容疑者(69)マイクロソフトの「ウィンドウズ」を改変したシステムを販売した
国吉亮介容疑者(37)川崎市の雑居ビルで客にバカラ賭博をさせた
菊地和生容疑者(50)実在しないコインを販売して現金をだまし取った
金田英之容疑者(46)架空発注をして、代金約480万円をだまし取った
松本雄大容疑者(26)交通事故に遭ったと装って保険金約120万円をだまし取った
金子佳大容疑者(47)近所の男性を転倒させ、死亡させた






--------------------------------------------------------------------------------------------






No.001
中村豊容疑者(69)システム開発販売会社「ビレイ」(名古屋市西区)社長
マイクロソフトの「ウィンドウズ」を改変したシステムを販売した

日テレNEWS24  2018年1月31日 12:51
1

マイクロソフトの「ウィンドウズ」を改変したシステムを販売したとして、会社社長の男が逮捕された。改変によってパソコンが不正送金などに悪用される事態が起きていた。

逮捕されたのは、美容院の顧客管理システムを開発・販売する株式会社「ビレイ」の社長中村豊容疑者。捜査関係者によると、中村容疑者は2012年、東京・渋谷区などの美容院に、「ウィンドウズ」を改変したシステムを入れたパソコンを販売した疑いが持たれている。

改変によって、本来はできない複数のパソコンからのログインができるようになっていて、そのパソコンが中国人グループに不正アクセスされ、不正送金などに悪用される事態が相次いでいたという。警視庁は改変が不正アクセスにつながったとみて調べている。















No.002
国吉亮介容疑者(37)違法賭博店「Queen」の店長
川崎市の雑居ビルで客にバカラ賭博をさせた

テレビ朝日ニュース 2018/01/31 05:55
2

 川崎市の雑居ビルで客にバカラ賭博をさせたとして、店長の男ら3人が現行犯逮捕されました。店は4カ月で5億円近くを売り上げていたとみられています。

 違法賭博店「Queen」の店長・国吉亮介容疑者(37)ら3人は30日午後1時すぎ、川崎市川崎区東田町の雑居ビルで客2人にバカラ賭博をさせた疑いが持たれています。警察によりますと、店は24時間営業で、30人以上の従業員がいて、一日に40人ほどの客が出入りしていたということです。店では摘発を逃れるために入り口を二重扉にし、監視カメラ5台を設置するなどしていましたが、警察に情報提供があり、現行犯逮捕となりました。3人とも「間違いありません」と容疑を認めています。警察は、この店が4カ月で5億円近くを売り上げていたとみて調べています。















菊地和生容疑者(50)
実在しないコインを販売して現金をだまし取った

テレビ朝日ニュース 2018/01/31 11:55
3

 実在しないコインを販売して現金をだまし取ったとして、コイン販売会社の男らが逮捕されました。被害総額は10億円以上に上るとみられています。

 菊地和生容疑者(50)ら5人は、50代の男性などからコンテナの所有権を買い取ると持ち掛けて、そのためには「コイン60枚を買ってほしい」と言って、現金636万円をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、5人はイギリスのジョージ王子誕生記念コインをうたって販売しましたが、その後コインは客の元に届かず、コンテナの所有権の買い取り代金も送られていなかったということです。菊地容疑者ら3人は容疑を否認し、2人は容疑を認めています。















金田英之容疑者(46)「片山チエン」の東京営業所の所長
博野昭容疑者(69)ひろの あきら 取引先の元会社社長
架空発注をして、代金約480万円をだまし取った

テレビ朝日ニュース 2018/01/31 11:57
4

 取引先に架空発注を行い、代金として支払われた金を受け取っていたとして、チェーン会社の営業所長の男らが逮捕されました。

 「片山チエン」の東京営業所の所長・金田英之容疑者(46)と取引先の元会社社長・博野昭容疑者(69)は2011年、会社の業務を装って金田容疑者の会社が商品を仕入れたとする架空発注をして、代金約480万円をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、金田容疑者の会社はベルトコンベヤーの部品などを製造販売していて、架空発注は金田容疑者が当時、取引先だった博野容疑者に持ち掛けました。架空発注は2010年から約5年間行われ、被害は6000万円に上るとみられています。金田容疑者は容疑を否認しています。















松本雄大容疑者(26)
岡田健太容疑者()
交通事故に遭ったと装って保険金約120万円をだまし取った

テレビ朝日ニュース 2018/01/31 11:59
5

 交通事故に遭ったと装って保険会社などから金をだまし取ったして、保険会社社員ら4人が逮捕されました。

 松本雄大容疑者(26)ら4人はおととし、東京・東大和市の路上で追突事故に遭ったなどと保険会社などに嘘を報告し、保険金約120万円をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、松本容疑者は自らが運転するレンタカーを誰も乗っていない車に追突させて事故を装っていました。取り調べに対し、松本容疑者ら4人は「遊ぶ金欲しさに保険金をだまし取った」などと容疑を認めているということです。4人は3年前から2件の追突事故を偽装していたとみられ、警視庁は、合わせて320万円以上をだまし取っていたとみて余罪を調べています。















金子佳大容疑者(47)かねこ よしひろ 北陸地方整備局新潟国道事務所の係長
近所の男性を転倒させ、死亡させた

テレビ朝日ニュース 2018/01/31 18:45
6

近所の男性を転倒させ、けがをさせたとして、国土交通省の職員の男が逮捕された。

 逮捕された北陸地方整備局新潟国道事務所の係長・金子佳大容疑者(47)は近くに住む清塚了一さん(59)を転倒させ、けがをさせた疑いが持たれている。近所同士で一体何があったのか。金子容疑者は、自宅の門の横で火の付いた新聞の束をぐるぐる回していたという。そこへ清塚さんがやって来て注意したところ、金子容疑者と口論になったという。転倒した清塚さんは病院に搬送されたがその後、死亡が確認された。金子容疑者は「押したことは間違いない」と話していて、警察は傷害致死事件として調べている。















おわり






























1






テレビ朝日ニュース 2018/01/31 18:54

 ウィンドウズが勝手に改造された結果、不正送金の被害に遭ったということです。

 顧客管理システムの開発会社社長・中村豊容疑者(69)ら5人は「ウィンドウズ7」を不正に改造したパソコンを東京・渋谷区などの美容室に販売した疑いが持たれています。警視庁によりますと、顧客管理システムの使い勝手を良くするために禁止されている改造を行った結果、美容室が中国人グループによる不正アクセスの被害に遭い、3000万円近くが不正送金されました。中村容疑者ら4人は容疑を否認し、1人は容疑を認めています。







産経ニュース 2018.1.31 11:20
美容室のPCが不正送金の踏み台に システム開発会社社長ら逮捕、商標法違反容疑 警視庁

(1/2ページ)

米IT大手マイクロソフトの基本ソフト(OS)を改変した美容室向けのパソコン(PC)を販売したとして、警視庁サイバー犯罪対策課が、商標法違反の疑いで、システム開発販売会社「ビレイ」(名古屋市西区)社長の中村豊容疑者(69)ら同社関係者数人を逮捕したことが31日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、同社はPCを販売する際、複数人が同時に操作できるようにOSを改変。このためセキュリティーが脆弱になり、インターネットバンキングの不正送金に悪用された疑いがあるという。同社販売のパソコンが悪用された不正送金被害は数千万円に上るとみられている。

 同社公式ウェブサイトなどによると、同社のシステムは理容室や美容室での利用を想定しており、顧客データの管理やダイレクトメールの発送などができる。

 捜査関係者によると、平成28年の春から夏ごろを中心に、美容室のPCがネットバンキングからの不正送金に悪用される事案が多発。解析の結果、同社販売のPCを利用している美容室が複数確認され、関連を捜査していた。

(2/2ページ)

 不正送金には外国に拠点を置く犯行グループが関与している可能性もあり、何らかの方法で美容室のパソコンを遠隔操作し、ネットバンキング利用者の口座にアクセスしたかのように見せかけていた。警視庁は現時点で、同社と犯行グループとの間に共謀はないとみている。



産経WEST 2018.1.31 11:47
「ウィンドウズ7」不正改変PC販売 名古屋の販売会社社長逮捕 セキュリティー不安、中国人グループ遠隔操作で不正送金被害も

(1/2ページ)

 コンピューターの基本ソフト(OS)である「ウィンドウズ7」を不正に改変したパソコンを販売したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は31日、商標法違反の疑いで、名古屋市西区にあるシステム販売会社「ビレイ」社長の中村豊容疑者(69)と、同社の幹部ら数人を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、パソコンのOS改変を巡る摘発は全国初。ビレイは自社で開発した顧客情報の管理システムをパソコンやタブレットなどの端末に取り込み、美容室やネイルサロンなどに販売。このシステムが稼働しやすくなるよう、OSを改変していた。

 OSが改変された端末はセキュリティー上の問題が発生し、別の中国人犯罪グループによる遠隔操作で、他人のインターネットバンキングの口座に不正アクセス。別の口座へ預金が不正送金され、約3千万円の被害が出ているとみられる。

 逮捕容疑は平成24年春ごろ、不正に改変したウィンドウズ7を搭載したパソコンを東京都渋谷区の美容室に販売し、ソフトを開発した米マイクロソフト社の商標権を侵害したとしている。

(2/2ページ)

 サイバー犯罪対策課は、インターネットバンキングの不正送金事件で、現金引き出し役の「出し子」とみられる中国人を逮捕しており、この事件の捜査などで、ビレイが美容室などに販売した端末が使われていることが発覚した。

戻る




















2





戻る




















3





戻る




















4





戻る




















5







戻る




















6







戻る










end

0 件のコメント:

コメントを投稿