2018年2月22日木曜日

【事件メモ】2018 02/10 - 13







2018年 02/10
金丸拓人容疑者(24)武井北斗容疑者(24)強盗殺人

2018年 02/11
小林大介容疑者(31)  愛知県の三河湾に、父親の遺体を遺棄した

2018年 02/12
宮城慎太郎容疑者(38)沖縄県石垣市の土木会社の事務員の女性が殺害された事件
大谷竜次容疑者(42)佐久間義明容疑者(53)所沢市で親子2人の遺体が見つかった事件

2018年 02/13
竹内愛美被告(26)初公判で起訴内容を一部否認
松尾剛輔容疑者(35)店にパチスロ機29台を設置し、客に賭博をさせた
佐山龍也容疑者(23)息子を装って70代の女性から200万円をだまし取ろうとした
大永則彦容疑者(46)デモに抗議した男性に体当たりするなどしてケガをさせた






--------------------------------------------------------------------------------------------






No.001
金丸拓人容疑者(24)
武井北斗容疑者(24)
強盗殺人

テレビ朝日ニュース 2018/02/10 17:42
1

 2年前、甲府市で73歳の会社役員の男性が自宅で襲われて死亡した事件で、警察が24歳の男2人を逮捕しました。

 金丸拓人容疑者と武井北斗容疑者はおととし8月、甲府市の会社役員・若宮利雄さんの自宅に金を奪う目的で押し入り、若宮さんを殴るなどして死亡させたうえ、駆け付けた警備員にけがをさせた疑いが持たれています。捜査関係者によりますと、周辺の防犯カメラや自宅に残された遺留物のDNA型などから2人を特定したということです。
 金丸容疑者を知る人:「やんちゃはやんちゃだったよね、昔から。お金に困っている様子はなかった」
 警察は今後、若宮さん宅を狙った動機や経緯について調べを進める方針です。















No.002
小林大介容疑者(31) 愛知・豊橋市の農業
愛知県の三河湾に、父親の遺体を遺棄した

FNNN  02/11 18:19
2

愛知県の三河湾に、父親の遺体を遺棄したとして逮捕された次男が、警察の任意の聴取に対し、「殺害も遺体の解体も、父の家の敷地でやった」という趣旨の供述をしていたことがわかった。
愛知・豊橋市の農業・小林大介容疑者(31)は、2016年10月、三河湾に父親の生治さん(当時63)の遺体を遺棄したとして、11日、送検された。
調べに対し、小林容疑者は、何も話していないということだが、逮捕前、警察による任意の聴取に対し、父親の殺害を認めたうえで、「殺害も遺体の解体も、父の家の敷地でやった」という趣旨の供述をしていたことが、捜査関係者への取材で新たにわかった。
警察は、まだ見つかっていない遺体の捜索を続けるとともに、小林容疑者が、生治さんの死亡にも関わったとみて、供述の裏づけを進めている。 (東海テレビ)















No.003
宮城慎太郎容疑者(38)被害者の元同僚
沖縄県石垣市の土木会社の事務所で事務員の女性が殺害された事件

日テレNEWS24  2018年2月12日 11:55
3

沖縄県石垣市の土木会社の事務所で事務員の女性が殺害された事件で、現場に残された血痕のDNA型と逮捕された元同僚の男のDNA型が一致していたことがわかった。

この事件は今月5日、石垣市の土木会社の事務所で、事務員の大底むつえさんが顔などを刺されて殺害されたもの。警察は大底さんの元同僚の宮城慎太郎容疑者を強盗殺人の疑いで逮捕し、12日午前に送検したが、その後の捜査関係者への取材で、現場に残された大底さん以外の人物の血痕のDNA型が、宮城容疑者と一致していたことがわかった。

宮城容疑者は事件の際、手を負傷したとみられ、警察は自宅から押収した刃物を鑑定するなど、裏付け捜査を進めている。















No.004
大谷竜次容疑者(42)
佐久間義明容疑者(53)
埼玉県所沢市の住宅で親子2人の遺体が見つかった事件

TBSニュース 12日 23時30分
4

所沢の親子2人遺体、遺棄容疑で同居男ら逮捕
12日 23時30分

 埼玉県所沢市の住宅で親子2人の遺体が見つかった事件で、警察は同居していた男ら2人を逮捕しました。
 この事件は今月8日、埼玉県所沢市の住宅の浴室で、この家に住む入江富美子さん(76)と次男の大崎欣孝さん(53)が死亡しているのが見つかったものです。
 警察は入江さんと同居していた佐久間義明容疑者(53)と、この家に出入りしていた大谷竜次容疑者(42)を、大崎さんの遺体を遺棄した疑いで逮捕しました。警察は2人の行方を追っていましたが、12日、千葉市内にいるところを発見したということです。警察は2人の認否を明らかにしていません。
 「(Q.佐久間容疑者はどんな人物か)いい子だよ、優しい思いやりのある子。昼間は佐久間がいたんだよね」(入江さんの知人)
 警察は佐久間容疑者ら2人が大崎さんを殺害したとみて捜査するとともに、入江さんが死亡した経緯についても事情を知っているとみて調べています。















竹内愛美被告(26)弟を殺害し切断した
初公判で起訴内容を一部否認

日テレNEWS24  2018年2月13日 14:35
5

2016年、千葉県酒々井町の住宅で弟を殺害し切断したとして、殺人などの罪に問われている姉の裁判員裁判が始まり、「殺意はありませんでした」と起訴内容を一部否認した。

この事件は2016年9月、千葉県酒々井町の住宅で、この家に住む竹内諒さんの切断された遺体が見つかり、同居していた姉の愛美被告が殺人や死体損壊などの罪で起訴されたもの。

13日の初公判で愛美被告は弟の死体損壊などの罪は認めた一方、殺害については「殺したいという殺意はありませんでした」と起訴内容を一部否認し、包丁を手にした弟に先に襲われたなどと正当防衛を主張した。

一方、検察側は「殺傷能力の高い刃物を使用していて、殺害後も入念な死体処理をするなど殺意が認められる。被告の負傷状況などから、正当防衛は成立しない」と述べた。

判決は来月5日に言い渡される予定。















松尾剛輔容疑者(35)台東区上野のパチスロ賭博店「8cafe」の経営者
店にパチスロ機29台を設置し、客に賭博をさせた

日テレNEWS24  2018年2月13日 15:53
6

東京・上野で違法パチスロ店を経営していたとして、経営者の男ら6人が逮捕された。

常習賭博の疑いで逮捕されたのは台東区上野のパチスロ賭博店「8cafe」の経営者、松尾剛輔容疑者ら男6人。

警視庁によると松尾容疑者らは8日、店にパチスロ機29台を設置し、客に賭博をさせた疑いが持たれている。客の男女8人も現行犯逮捕された。

店は摘発を逃れるため、入口に監視カメラをつけて客の顔を確認してから入店させるなどしていて、去年12月からの2か月間でおよそ334万円の利益を得ていたという。

調べに対し松尾容疑者は、「パチスロが好きで自分もいつか店をやってみたいと思っていた」などと、容疑を認めているという。















佐山龍也容疑者(23)東京・足立区の職業不詳
息子を装って電話をかけ、70代の女性から200万円をだまし取ろうとした

日テレNEWS24  2018年2月13日 15:53
7

息子を装って電話をかけ、70代の女性から200万円をだまし取ろうとしたとして、詐欺の電話をかけるいわゆる「かけ子」の統括役が逮捕された。

詐欺未遂の疑いで逮捕されたのは、東京・足立区の職業不詳・佐山龍也容疑者(23)。警視庁によると、佐山容疑者は去年8月、仲間とともに横浜市の女性に息子を装って電話をかけ、「旦那のいる女に子供ができた」などとウソをついて示談金として200万円をだまし取ろうとした疑いが持たれている。

佐山容疑者は、詐欺グループで電話をかけるいわゆる「かけ子」の統括役で、このグループによる被害は去年6月から都内を中心におよそ50件、少なくとも3000万円あるという。

警視庁は、グループのメンバーが他にもいるとみて捜査している。















大永則彦容疑者(46)右翼団体「菊水国防連合」の構成員
デモに抗議した男性に体当たりするなどしてケガをさせた

日テレNEWS24  2018年2月13日 13:28
8

ヘイトスピーチに抗議した男性に体当たりするなどしてケガをさせたとして、右翼の男が逮捕された。

傷害の疑いで逮捕されたのは、右翼団体「菊水国防連合」の構成員・大永則彦容疑者。警視庁公安部によると、大永容疑者は去年11月、東京・渋谷区でヘイトスピーチのデモに対する抗議を行っていた男性に体当たりして転倒させ、頭に打撲を負わせるなど軽いケガをさせた疑いが持たれている。調べに対し、大永容疑者は当初、「『エセ右翼』などと言われた」と話していたが、逮捕後は黙秘しているという。

大永容疑者は、当日は別の場所で行われたデモに参加したあと、その帰りに現場に行っており、警視庁は、ヘイトスピーチに抗議する人を非難するために現場に立ち寄ったとみて調べている。















おわり






























1





TBSニュース 11日 4時06分

2年前の会社役員死亡、強盗致死などの疑いで男2人逮捕
11日 4時06分
 2年前、山梨県甲府市で、会社役員の男性が襲われ死亡した事件で、警察は10日、男2人を逮捕しました。
 強盗致死などの疑いで逮捕されたのは、神奈川県厚木市の無職・武井北斗容疑者(24)と山梨県甲斐市のアルバイト・金丸拓人容疑者(24)です。2人はおととし8月、金品を奪う目的で、山梨県甲府市の会社役員・若宮利雄さん(当時73)の住宅に侵入し暴行を加え、死亡させた疑いがもたれています。
 警察で、現場に残された遺留物の鑑定や、付近の防犯カメラなどから2人を特定し、10日逮捕しました。2人は、山梨県内の小学校の同級生で、遊び仲間だったとみられています。警察は2人の認否を明らかにしておらず、今後、犯行の役割など裏付けを進める方針です。



テレビ朝日ニュース 2018/02/11 11:57

 甲府市で会社役員の男性が襲われて死亡した事件で、現場に落ちていたたばこの吸い殻などから逮捕された容疑者のDNA型が検出されていたことが分かりました。

 武井北斗容疑者(24)と金丸拓人容疑者(24)はおととしの8月、甲府市の会社役員・若宮利雄さん(当時73)の自宅に金品を奪う目的で侵入し、若宮さんを暴行して死亡させ、駆け付けた警備員にけがをさせた疑いが持たれています。捜査関係者によりますと、現場に落ちていたたばこの吸い殻や髪の毛から容疑者のDNA型が検出されていたことが分かりました。
 容疑者2人の知人:「2年から3年くらいですかね。一緒にいるところを見るようになって。仲良いんだなと」
 武井容疑者と金丸容疑者は小学校時代の同級生で、警察は詳しい動機などを調べています。







テレビ朝日ニュース 2018/02/12 11:59

 甲府市で会社役員の男性が襲われて死亡した事件で、逮捕された男のうち1人が事件当時、男性が所有するアパートで暮らしていて、男性と面識があった可能性があることが分かりました。

 武井北斗容疑者(24)と金丸拓人容疑者(24)はおととし8月、甲府市の会社役員・若宮利雄さん(当時73)の自宅に金品を奪う目的で侵入し、若宮さんを暴行して死亡させたうえで、警備員にけがをさせた疑いが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、事件当時に武井容疑者が、若宮さんが所有する甲府市内のアパートに住んでいて、2人には面識があった可能性があることが分かりました。警察は、武井容疑者が金丸容疑者に犯行を持ち掛けた可能性があるとみて調べています。取り調べに対し、武井容疑者らは容疑を否認しているということです。






戻る




















2





TBSニュース 11日 22時09分







父親の遺体を海に捨てた容疑、31歳男を逮捕・送検
11日 22時09分

 愛知県豊橋市の31歳の男が父親の遺体を海に捨てた疑いで逮捕・送検されました。遺体はまだ見つかっていませんが、男は逮捕前、警察に「ハンマーで頭を殴って殺した」と説明していたということです。
 愛知県豊橋市の農業・小林大介容疑者(31)は、父親の生治さん(当時63)の遺体をおととし10月、三河湾に捨てた死体遺棄の疑いで逮捕され、11日に送検されました。
 小林容疑者は逮捕後の取り調べに無言を貫いていますが、捜査関係者によりますと、逮捕前の任意の聴取では「電動のこぎりで遺体を2つに切断して捨てた。ハンマーで頭を殴って殺した」と話し、動機については「母親への暴力をやめさせようとして口論になった」という趣旨の説明をしていたということです。
 警察は小林容疑者が切断した遺体を車で運び、ゴムボートを使って海に捨てたとみて、引き続き遺体を捜索し、殺人容疑での立件を視野に捜査する方針です。
戻る




















3




戻る




















4






日テレNEWS24   2018年2月13日 13:27

埼玉県所沢市の住宅で、母親と二男の親子2人が遺体で見つかり、二男の遺体を遺棄したとして無職の男2人が逮捕された事件で、男が、二男への不満を周囲にもらしていたことがわかった。

逮捕された、いずれも無職の佐久間義明容疑者(53)と大谷竜次容疑者(42)は今月、所沢市の住宅で、この家に住む入江富美子さん(76)の二男・大崎欣孝さん(53)の遺体を浴室に遺棄した疑いが持たれている。

佐久間容疑者は同級生の大崎さんに指示されて母親の入江さんの介護をしていたが、捜査関係者によると、事件の前、死亡した大崎さんへの不満を周囲にもらしていたという。また、大崎さんの胸などには複数の刺し傷があったが、凶器とみられる包丁が、遺体があった浴室とは別の部屋から見つかっていたこともわかった。

警察は、2人が大崎さんを殺害したとみて、動機などを詳しく調べている。








FNN 02/13 01:25

埼玉・親子死体遺棄事件 同居の男ら逮捕

02/13 01:25





埼玉・所沢市の住宅で、76歳の母親と53歳の息子の遺体が見つかった事件で、男ら2人が逮捕された。
死体遺棄の疑いで逮捕された、佐久間 義明容疑者(53)と、大谷竜次容疑者(42)は2月8日ごろ、所沢市西所沢の住宅の浴室に、この家に住む入江 富美子さん(76)の次男の大崎欣孝(よしたか)さん(53)の遺体を放置した疑いが持たれている。
現場の住宅では、入江さんの遺体も見つかっていて、佐久間容疑者は、この家に住みながら、入江さんの介護をしていたが、事件が発覚してから行方不明となっていて、12日昼ごろになって、千葉市で身柄を確保された。
警察は、佐久間容疑者らが、大崎さんの殺害に関与しているとみて、2人を厳しく追及している。

戻る




















5







FNN 02/13 13:12

殺意を否認した。
竹内愛美容疑者(26)は2016年8月、千葉・酒々井町の自宅で、弟・諒さん(当時21)を殺害したうえ、遺体を切断して遺棄するなどした罪に問われている。
13日の初公判で、竹内被告は「殺意はありませんでした」と、起訴内容の一部を否認した。
検察側は、冒頭陳述で「被告と被害者の間には、父親の保険金などをめぐって、確執があった」と指摘した。
一方、弁護側は、「被害者が、被告をけるなどしたため、その場にあった包丁を持って構えたところ、向かってきた被害者の足に誤って刺さってしまった」として、正当防衛を主張した。








テレビ朝日ニュース  2018/02/13 17:18

 「殺意はありませんでした」と小さな声で否認した。弟を殺害して遺体を切断した罪に問われた姉、初公判で正当防衛を主張した。

 赤いフレームの大きなメガネを掛け、上下青のジャージを着た竹内愛美被告(26)は小さな声で殺意を否定した。おととし、千葉県酒々井町の自宅で同居していた弟を殺害した後、遺体を切断して冷蔵庫に隠すなどして殺人と死体遺棄・損壊などの罪に問われた竹内被告。13日に裁判員裁判の初公判が行われ、殺人罪について無罪を主張した。弁護側は、被告は包丁を持った諒さんに蹴られて倒れ、身を守るためにそこに転がっていた包丁で刺してしまったもので正当防衛にあたると訴えた。一方、検察側は殺意があったと主張。判決は来月5日に言い渡される予定だ。








TBSニュース 13日 13時13分

弟の遺体切断、姉は殺意否認
13日 13時13分

 千葉県酒々井町の住宅で弟を殺害したうえ、遺体を切断したなどとして、殺人の罪などに問われている26歳の姉の初公判が開かれ、姉は「殺意はなかった」と殺意を否認しました。
 竹内愛美被告(26)は、おととし、酒々井町の自宅で同居していた弟の竹内諒さん(当時21)を刃物で突き刺すなどして殺害したうえ、遺体を切断し、冷蔵庫に隠すなどしたとして、殺人や死体損壊などの罪に問われています。
 13日の初公判で、竹内被告は「殺意はありませんでした」と殺意を否認し、弁護側も「諒さんに蹴られ、身を守るため転がっていた包丁で刺してしまったもので、正当防衛だった」として、殺人罪は成立しないと主張しました。
 一方、検察側は冒頭陳述で、「2人の間には生活態度などをめぐってトラブルがあった」としたうえで、「被害者の不意をつくなどして反撃の暇を与えないように刃物で攻撃していて、その後、救命に向けた行動もとらなかった」として、殺意はあったと主張しました。そのうえで検察側は、「殺害後、遺体をバラバラに切断していて、犯行態様は凄惨だ」などと指摘しています。
戻る




















6





戻る




















7






テレビ朝日ニュース 2018/02/13 11:59

 高齢女性の親族になりすまし、現金200万円をだまし取ろうとしたとして振り込め詐欺グループの幹部の男が逮捕されました。

 佐山龍也容疑者(23)は去年8月、横浜市の70代の女性の息子になりすまし、「旦那のいる女に子どもができたんだ」「示談の金を持ってきて」などと嘘を言い、現金200万円をだまし取ろうとした疑いが持たれています。佐山容疑者は同様の手口で金をだまし取っていた詐欺グループの幹部で、被害は都内を中心に50件、3000万円ほどが確認されています。グループは20人以上とみられていて、警視庁は残るメンバーの行方を追っています。警視庁は、金融機関での水際対策が強化された影響で急増している手渡し型の詐欺への警戒を呼び掛けています。


戻る




















8






FNN 02/13 16:46

抗議の男性に体当たり 右翼逮捕

02/13 16:46

右翼団体の構成員の男が、デモ行進に抗議していた男性に体当たりをしてけがをさせた疑いで、警視庁公安部に逮捕された。
傷害の疑いで逮捕されたのは、右翼団体「菊水国防連合」の構成員・大永則彦容疑者(46)。
大永容疑者は2017年11月、東京・渋谷区で行われていた右派系市民グループのデモ行進に抗議していた会社員の男性に体当たりをして、全治1週間のけがをさせた疑いが持たれている。
大永容疑者は、事件当時、「相手が挑発してきた」などと話していたが、逮捕後の調べに対しては、黙秘している。



TBSニュース 13日 11時10分


デモ抗議の男性にけがをさせた疑い、右翼団体構成員逮捕
13日 11時10分

 右派系市民グループのデモに抗議した男性にけがをさせたとして、右翼団体の構成員の男が警視庁公安部に逮捕されました。
 逮捕されたのは、右翼団体の構成員・大永則彦容疑者(46)で、去年11月、東京・渋谷区の路上で会社員の男性(33)に体当たりし、転倒させるなどしてけがをさせた疑いが持たれています。
 男性は、「北朝鮮を非難する」などと訴える右派系市民グループのデモに「ヘイトスピーチだ」と抗議に来ていて、大永容疑者らとトラブルになったということです。
 大永容疑者は逮捕前、「『エセ右翼』と言われて激高した」と話していましたが、現在は黙秘しているということです。

テレビ朝日ニュース 2018/02/13 17:19

 右翼団体の男はデモに抗議した男性(33)にけがをさせた疑いです。

 右翼団体の構成員・大永則彦容疑者(46)は去年11月、東京・渋谷区で男性に体当たりをして転倒させ、頭などにけがをさせた疑いで逮捕されました。警視庁公安部によりますと、現場周辺では右派系市民団体が主催する北朝鮮を非難するデモが行われていて、男性は抗議していました。大永容疑者は、任意の事情聴取に対して「『おい、エセ右翼』『用心棒代はいくらだ』とけしかけられた」と話したということです。大永容疑者は現在、黙秘しています。
戻る










end

0 件のコメント:

コメントを投稿