2018年6月10日日曜日

【事件メモ】支那人(2018.05)







中国籍で無職の17歳  連続コンビニ強盗事件
20~30代とみられ中国語を話す2人組の強盗    同胞から3500万円奪い逃走
代強容疑者(38)② 殺人
中国籍の大阪大大学院生の男(23) 元交際相手の女子大生宅に侵入
趙成龍容疑者(31) 倪振郎容疑者(32)男性の頭部や顔面を殴打するなどの暴行
張振龍容疑者(23)3月に東京・渋谷区の支那人による「シュプリーム」警備員暴行事件
左海燕容疑者(48)登校中の小学生2人にペットボトルに入った液体を無理やり飲ませた
中国籍の20代男 28年9月下旬~10月上旬、知人を殺害し遺体を猪名川河川敷に遺棄した
金玉蘭容疑者(46)横浜市中区の禁止地区で、20代の会社員の男性に性的なサービスを行った
許毅(シュ・イー)被告(30)英語検定替え玉受験 懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)
唐暁茜被告(40)北朝鮮への不正輸出事件で無罪
陳景邦容疑者(31)中国から覚醒剤密輸
呉碧紅容疑者(53)「台湾式マッサージ」うたい性的サービスを提供した






--------------------------------------------------------------------------------------------






中国籍で無職の17歳
連続コンビニ強盗事件

日テレNEWS24  2018年5月1日 21:30

東京・大田区で相次いだコンビニ強盗事件で、無職の17歳の少年が逮捕された。

強盗の疑いで逮捕されたのは、中国籍で無職の17歳の少年。

警視庁によると、少年は先月11日、大田区のコンビニに押し入り、店員に刃物を突きつけ「金を出せ」などと脅して、現金およそ45万円などを奪った疑いがもたれている。

少年は今年3月に、現場からおよそ300メートル離れた別のコンビニで現金を奪ったとして、すでに逮捕されていて、防犯カメラの映像などから今回の事件への関与が浮上したという。

調べに対し、少年は、「家賃と遊ぶ金が欲しかった」と話し、2件のコンビニ強盗の容疑を認めているという。













20~30代とみられ中国語を話す2人組の強盗
同胞から3500万円奪い逃走

産経ニュース 2018.5.2 19:30
3500万円奪い逃走か 男2人逃走、強盗容疑で捜査 東京・新宿

 2日午後3時15分ごろ、東京都新宿区百人町のビルの3階にある「東京留学サポートセンター」の事務所に2人組の男が押し入り、中にいた中国籍の男性(32)の体を粘着テープで縛り、男性のバッグから現金約3500万円を奪って逃走した。男性にけがはなかった。警視庁新宿署が強盗事件として調べている。

 新宿署によると、男性は知人に頼まれて東京・上野の貴金属店で金塊を換金し、現金を持って勤務先の事務所に戻った直後に襲われたという。逃走した2人はいずれも20~30代とみられ、中国語で「静かにしていれば、けがはさせない」などと話していた。男性が自分で粘着テープを外し、近くの交番に駆け込んで被害を届け出た。

 現場はJR大久保駅と新大久保駅の中間の大久保通り沿い。周辺には警察車両が多数集まるなど、一時騒然とした。 











代強容疑者(38)②
話し声がうるさいなどと注意されたことに腹を立て、男性(65)の胸倉をつかみ走り出した電車に叩きつけ死亡させた

テレビ朝日ニュース 2018/05/04 18:04

 動き出した電車に接触させられ、大けがをした男性が死亡しました。

 中国人の代強容疑者(38)は先月29日、東京のJR吉祥寺駅のホームで電車内で口論になった会社役員の土屋英司さん(65)を動き出した電車に接触させ、大けがをさせたとして逮捕されました。土屋さんは頭の骨を折るなど意識不明の重体で入院していましたが、今月2日に死亡しました。警視庁は、容疑を傷害から傷害致死に切り替えて動機などについて詳しく調べる方針です。








産経ニュース 2018.5.4 07:57
電車に接触 意識不明の男性が死亡 逮捕の男 傷害致死容疑で捜査へ

 JR吉祥寺駅(東京都武蔵野市)で4月29日、男性を電車に接触させた疑いで中国籍の男が逮捕された事件で、電車に接触し、意識不明となっていた男性が今月2日、搬送先の都内の病院で死亡したことが警視庁武蔵野署への取材で分かった。

 死亡したのは同市の会社役員、土屋英司さん(65)。同署は傷害容疑で逮捕していた会社員、代強容疑者(38)=埼玉県春日部市=の容疑を傷害致死に切り替えて調べる方針。

 事件は4月29日午前0時35分ごろに発生。事件直前まで乗車していた電車内で、酒に酔っていた代容疑者の声が大きかったことを土屋さんが注意し、トラブルになったという。代容疑者は降車後に土屋さんの胸ぐらをつかむなどした上で電車に接触させ、頭部骨折などのけがを負わせた疑いで逮捕された。










中国籍の大阪大大学院生の男(23) 大阪府箕面市
元交際相手の女子大生宅に侵入

産経WEST2018.5.8 11:08
元交際相手の女子大生宅に侵入、中国籍の阪大院生を逮捕 兵庫県警 

 元交際相手の女子大生宅に侵入したとして、兵庫県警東灘署は8日、住居侵入の疑いで、中国籍で大阪大大学院生の男(23)=大阪府箕面市=を現行犯逮捕したと発表した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、7日午後9時55分ごろ、神戸市東灘区内の中国籍の女子大生(22)が住むマンションの部屋に侵入したとしている。

 同署によると、男は女子大生が拒否しているのにドアを開けて部屋に侵入。部屋にいた女子大生の知人男性が110番した。










趙成龍容疑者(31)=東京都墨田区八広
倪振郎容疑者(32)=川口市飯塚=会社役員
埼玉県川口市並木の飲食店で、県内に住む中国籍の男性会社員の頭部や顔面を殴打するなどの暴行を加え、全治約2週間のけがを負わせた

産経ニュース 2018.5.15 11:46
頭部や顔面殴打 中国人男性2人 傷害の疑いで逮捕、さいたま地検に送致 埼玉

 埼玉県警国際捜査課と川口署の合同捜査班は14日までに、傷害の疑いで、いずれも中国籍の無職、趙成龍容疑者(31)=東京都墨田区八広=と会社役員、倪振郎容疑者(32)=川口市飯塚=を逮捕し、さいたま地検に送致した。

 逮捕容疑は、3月4日午前0時20分ごろ、川口市並木の飲食店で、県内に住む中国籍の男性会社員の頭部や顔面を殴打するなどの暴行を加え、全治約2週間のけがを負わせたとしている。同課によると、趙容疑者らと男性会社員に面識はなかったという。










張振龍容疑者(23)チョウ・シンリュウ 中国人
3月に東京・渋谷区の支那人による「シュプリーム」警備員暴行事件

テレビ朝日ニュース 2018/05/16 18:43

人気ブランド店の警備員が暴行された事件で、中国人の男らが逮捕されました。
 張振龍容疑者(23)ら6人は、3月に東京・渋谷区で、アメリカの人気ブランド「シュプリーム」の新商品を購入するため行列に並んでいたところ、店の男性警備員(29)と口論になり、パイプ椅子で殴るなどした疑いが持たれています。男性警備員は腰などを打撲するけがをしました。警視庁によりますと、張容疑者らは仲間の18歳の少年を成人だと偽って夜通し行列に並ばせようとして、男性警備員とトラブルになったとみられています。







産経ニュース 2018.5.16 07:31
人気ブランドショップで暴行、中国籍の男ら6人逮捕 相次ぐ買い物トラブル

(1/2ページ)

 東京都渋谷区の路上で3月、人気ファッションブランド「Supreme(シュプリーム)」の警備をしていた男性が襲撃される事件があり、警視庁組織犯罪対策2課が15日に傷害などの容疑で中国籍の男ら6人を逮捕したことが、捜査関係者への取材で分かった。買い物の列に入る際のルールをめぐり反発し、暴行を加えたとみられる。組対2課は他に関与した人物がいる可能性も含め、暴行の経緯を慎重に調べる。

 捜査関係者によると、6人は中国籍の学生や日本人を含むグループ。通行人が撮影した動画や、防犯カメラの画像などから関与が浮上した。

 事件は3月9日午後、渋谷区神南の店舗前の路上で発生。男らは同ブランドの限定商品の販売を待つ客の列に並ぶ際に警備に当たっていた男性とトラブルになり、集団で暴行を加えた。「ツイッター」などのSNS(会員制交流サイト)には、男らがパイプ椅子や傘などで激しい暴行を加える動画が複数投稿された。

 事件をめぐっては、在日中国大使館が同月15日、在日中国人に対して日本の法律の順守や、ルールに従った節度ある買い物などを呼びかける異例の声明を発表していた。

■頭抱える、中国人の“マナー”

 「こいつの態度が悪いんだろ」「バカヤロー」。渋谷の集団暴行事件を撮影した動画では男たちが警備の男性に罵声を浴びせ、次々と殴りかかる様子が映し出されていた。今回の事件では中国大使館が節度、ルール順守を呼びかけたが、背景には相次ぐ中国人による買い物トラブルがある。

(2/2ページ)

 平成26年9月、米アップルの「iPhone(アイフォーン)」の新製品販売時、大阪市内の「アップルストア」が「中国人100人が店に押しかけてきて一部が暴れている」と110番通報。中国人客は品切れに納得せず、片言の日本語や中国語で一斉に抗議し、店員に詰め寄った。

 中国で人気のある日本製の紙おむつや化粧品など日用品の転売目的での買い占めも各地で問題化。小売店などでは販売数を限定する動きもある。26年10月には紙おむつを大量に買い付けた中国人が兵庫県警に入管難民法違反容疑で摘発されている。










左海燕容疑者(48)=大阪府門真市千石西町=無職
登校中の小学生2人にペットボトルに入った液体を無理やり飲ませた

産経WEST 2018.5.16 17:34
小学生2人、中国人女に謎の液体飲まされる 大阪・門真

 登校中の小学生2人にペットボトルに入った液体を無理やり飲ませたとして、大阪府警門真署は16日、強要の疑いで、中国籍の無職、左海燕容疑者(48)=大阪府門真市千石西町=を逮捕した。「飲ませたが、強要はしていない」と容疑を一部否認している。

 署によると、小学生に健康被害は出ていない。左容疑者との面識はなかった。液体の成分や飲ませた理由を調べる。

 逮捕容疑は15日午前7時55分ごろ、左容疑者宅の近くにある薬局の駐輪場で、小学2年の男児(7)と女児(8)に液体を飲ませた疑い。










中国籍の20代男
28年9月下旬~10月上旬、当時の自宅マンションで知人の中国人留学生=当時(20)=を殺害し、遺体を猪名川河川敷に遺棄した

産経ニュース 2018.5.16 08:11
中国人切断遺体、中国当局が兵庫県警の協力得て本格捜査 帰国の容疑者訴追に向け現場視察へ

(1/3ページ)

 兵庫県伊丹市の猪名川河川敷で平成28年10月、中国人留学生の切断遺体が見つかり、殺害に関与したとみられる中国籍の20代男が帰国後に身柄を拘束された事件で、中国の公安当局が男の刑事訴追に向け本格捜査に乗り出したことが15日、関係者への取材で分かった。今月中旬に入って公安当局者が来日。兵庫県警の協力を得て事件現場を視察するなどし、捜査情報の収集を進める。

 男は事件発覚後に帰国。日本の知人に殺害に関与したことを伝えて中国公安当局に出頭し、身柄を拘束されたという。県警は殺人と死体遺棄容疑で男の逮捕状を取得したが、両国間で犯罪人引き渡し条約が締結されておらず、日本側は身柄引き渡しは不可能と判断。水面下の交渉で、中国側に国外犯規定に基づく処罰を求めていた。

 関係者によると、公安当局者ら数人はすでに来日。18日にかけて遺棄現場や男が住んでいた大阪市阿倍野区のマンション視察などを実施する予定という。

 これまでの調べでは、男は28年9月下旬~10月上旬、当時の自宅マンションで知人の中国人留学生、蔡(さい)鎔(よう)憶(い)さん=当時(20)=を殺害し、遺体を猪名川河川敷に遺棄した疑いが持たれている。

 遺体は同年10月10~11日、河川敷の橋脚近くの草むらや地中から両腕と両脚、頭部、胴体の6つに切断された状態で相次いで見つかった。腹部には複数の刺し傷があり、一部は内臓に達していた。

(2/3ページ)

日中関係改善が追い風か 当局者派遣、中国首相訪日直後

 中国側が容疑者の身柄を拘束したまま膠着(こうちゃく)していた事件は、発生から約1年半を経て刑事訴追へと動きだした。このタイミングで中国公安当局者が来日した背景には、今月上旬の日中韓サミットに合わせ中国首相が7年ぶりに訪日するなど、日中関係の改善ムードの広がりがあるとみられる。

 日中両国は平成20年に犯罪捜査で協力する刑事共助条約を締結している。ただ、両国間に犯罪人引き渡し条約はなく、今回は自国民保護の観点から、中国側が男の身柄を日本に移すことは絶望的な状況だった。

 こうした事情を踏まえ、日本側は国際刑事警察機構(ICPO)を通じ、中国側に男に関する情報の提供を要請。その後、両国間で捜査資料などをやり取りする中で、中国側に国外犯規定によって自国法に基づき男を処罰するよう求めた。中国側は情報収集のため、これまで複数回にわたり日本側に事件現場の視察を打診したが、中国側の日程と折り合わず、いずれも中止となっていた。

(3/3ページ)

 中国側は今回、東京で5月に開かれた日中韓サミットの準備が進む中、公安当局者の派遣を再び打診。日中間で具体的な調整が進み、日中韓サミット後に事件現場を視察することなどが決まったという。関係者は「日中韓サミットで7年ぶりに中国首相の訪日が実現した。両国関係を安定化させたいとの思惑が、訴追への追い風になったのではないか」としている。



産経WEST 2018.5.16 18:42
中国公安当局者が現場視察 伊丹・留学生殺害

 兵庫県伊丹市の猪名川河川敷で平成28年10月、中国人留学生の切断遺体が見つかり、殺害に関与したとみられる中国籍の20代男が帰国後に身柄を拘束された事件で、来日中の中国の公安当局者らは16日、遺棄現場の河川敷や殺害現場のマンション周辺を視察した。

 この日、中国の公安当局者らは兵庫県警伊丹署で事件情報の提供を受けた後、同署から東に約2・5キロ離れた遺棄現場に到着。河川敷の草むらに入り、切断遺体の遺棄状況について県警の捜査員から説明を受けた。さらに大阪市内に移動し、男の自宅だった殺害現場のマンション周辺の防犯カメラの状況などを確認した。

 これまでの県警の調べでは、男は28年9月下旬~10月上旬、同市阿倍野区の自宅マンションで知人の中国人留学生、蔡鎔憶(さい・ようい)さん=当時(20)=を殺害。遺体を6つに切断し、北西に約10キロ離れた猪名川の河川敷に遺棄した疑いがもたれている。

 男は直後に中国へ帰国し、中国公安当局に出頭し拘束された。日中両国間には犯罪人引き渡し条約がないことなどから、日本側は中国側に対し国内法に基づく処罰を求めていた。










田中翔容疑者(27)たなか しょう 個室マッサージ店経営者
金玉蘭容疑者(46)キン・ギョクラン 従業員
横浜市中区の禁止地区で、20代の会社員の男性に性的なサービスを行った

テレビ朝日ニュース 2018/05/16 17:25

横浜の繁華街で違法エステ店が摘発されました。
 個室マッサージ店経営者の田中翔容疑者(27)と従業員の金玉蘭容疑者(46)は仲間と共謀して去年10月、横浜市中区の禁止地区で、20代の会社員の男性に性的なサービスを行った疑いが持たれています。警察によりますと、繁華街のパトロールで看板に書かれた絵を見た伊勢佐木署の警察官が不審に思い、捜査に着手したということです。取り調べに対し、2人は容疑を否認しています。警察は他にも仲間がいるとみて捜査しています。

















産経ニュース 2018.5.16 18:14
個室マッサージ店摘発 経営者の男と中国籍従業員の女ら3人逮捕 横浜

 営業禁止地域で個室マッサージ店を営業したとして、神奈川県警伊勢佐木署などは16日、風営法違反容疑で、マッサージ店経営の田中翔容疑者(27)=横浜市中区宮川町=や店の従業員で中国籍の金玉蘭容疑者(46)=横浜市中区宮川町=ら男女3人を逮捕した。いずれも容疑を否認している。

 逮捕容疑は、平成29年10月27日午後7時15分ごろから約1時間、ほか数人と共謀して、個室マッサージ店の営業が禁止されている横浜市中区宮川町の店内で、男性客に性的サービスを提供したなどとしている。

 伊勢佐木署によると、10月、パトロール中の署員が店の看板を発見。利用客らから事情を聴いたところ、性的サービスを提供していることが判明した。田中容疑者は「性的サービスは提供していない」と供述しているといい、署が事件の経緯を調べている。










許毅(シュ・イー)被告(30)中国籍の無職
英語検定替え玉受験 懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)

産経WEST 2018.5.24 09:52
「英検」替え玉受験、中国籍被告に有罪判決 京都地裁

 別人になりすまして英語検定を受験したとして、有印私文書偽造・同行使罪に問われた中国籍の無職、許毅(シュ・イー)被告(30)に対する判決公判が23日、京都地裁で開かれ、石井寛裁判官は懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)を言い渡した。

 石井裁判官は判決理由で「偽造のパスポートを準備するなどして行われたもので、計画性、組織性がうかがえる」と指摘し、「高額の報酬目的で犯行に及んだのであり、その意思決定に対しては強い非難が妥当」と述べた。

 判決によると、1月6日、東京都新宿区の大学で、別人になりすまし、英語検定試験を受験。別人の氏名などを解答用紙に記入して提出するなどした。










唐暁茜被告(40)大阪市の貿易商社の元社員
北朝鮮への不正輸出事件で無罪

産経WEST 2018.5.29 16:56
北朝鮮への不正輸出事件で無罪 大阪の貿易商社元社員

 北朝鮮にニット生地を不正に輸出したとして、外為法違反と関税法違反の罪に問われた大阪市の貿易商社の元社員で中国籍の唐暁茜被告(40)と同社の判決で、大阪地裁は29日、生地の最終的な行き先を「北朝鮮だと認識していたとは言えない」として、ともに無罪を言い渡した。求刑は唐被告に懲役1年6月、商社に罰金100万円。

 検察側は、売買契約書に北朝鮮の港の地名が記載されていたことなどから、最終陸揚げ地を北朝鮮と認識していたのは明らかと主張したが、浅香竜太裁判長は判決理由で「契約書には港名の『南浦』としか記載されておらず、国名も書かれていない。検察官の推認過程はかなり不合理だ」と退けた。

 唐被告は、平成23年、ニット生地(輸出申告価格約175万円相当)を、中国・大連経由で北朝鮮に輸出したなどとして、外為法違反などの罪で起訴された。










陳景邦容疑者(31)中国籍
中国から覚醒剤密輸

産経WEST 2018.5.29 19:54
泳がせ捜査で佐賀の男ら5人逮捕 中国から覚醒剤密輸疑い 福岡県警など

 福岡県警などは29日までに、麻薬特例法違反の疑いで、佐賀市高木瀬東、職業不詳、山口和己容疑者(47)や中国籍の陳景邦容疑者(31)ら計5人を逮捕した。県警によると、覚醒剤は木製品の中に入れられ中国から大阪港(大阪市)に密輸され、偽物と入れ替えて泳がせ捜査した結果、東京都墨田区の雑居ビルに移されていた。

 逮捕容疑は、共謀して5月18日午前、密輸された覚醒剤とすり替えた代替物を、墨田区に移す前に、福岡県大川市の倉庫で段ボール箱に隠して所持したとしている。

 県警は墨田区のビルで覚醒剤の代替物を所持したとして、同法違反の疑いで別の中国籍の男(24)を逮捕するなどした。










小林碧霞(ぴか)容疑者(55)宮城県塩釜市尾島町 性風俗店「小雨花」店長
呉碧紅容疑者(53)従業員で中国籍
「台湾式マッサージ」うたい性的サービスを提供した

産経ニュース 2018.5.31 12:00
「台湾式マッサージ」実は性風俗 宮城・塩釜で女店長と従業員逮捕

 禁止地域で性風俗店を営業したとして、宮城県警は31日、風営法違反の疑いで、同県塩釜市尾島町、性風俗店「小雨花」店長の小林碧霞(ぴか)容疑者(55)と、従業員で中国籍の呉碧紅容疑者(53)の女2人を逮捕した。

 逮捕容疑は呉容疑者が3月、小林容疑者が5月、店舗型性風俗店の営業が禁止されている地域で、男性に対し性的サービスを提供したとしている。

 塩釜署によると、小林容疑者らは台湾式マッサージ店をうたって営業しており、「マッサージはしたが性的サービスはしていない」といずれも容疑を否認している。







end

0 件のコメント:

コメントを投稿