2019年7月8日月曜日

【事件メモ】支那人(2019.06)






目次

01 リン・チンスン容疑者(35)陳浩文容疑者(40)大量の覚醒剤を密輸
02 呉小蘭容疑者(37)不正に入手したキャッシュカードで現金150万円を引き出した
03 廖鳳齡被告(31) カップ麺などの中に隠した覚せい剤をアメリカから密輸しようとした
04 張毅容疑者(44)萩原和佳容疑者(36)偽装結婚で在留資格を不正に更新
05 張海艶容疑者(35)大泉清容疑者(56)在留資格を更新するため偽装結婚した
06 ソニンバヤル容疑者(35)不法在留のベトナム人7人を工場に送り込んで勤務させた
07 フー・ナイクン被告(50)覚醒剤所持 名古屋地裁(吉井隆平裁判長)は無罪
08 劉秋穎被告(30)同居する中国籍の技能実習生の女性を暴行して死亡させた





--------------------------------------------------------------------------------------------





01
リン・チンスン容疑者(35)中国人
陳浩文容疑者(40)中国籍
3日夜、静岡県南伊豆町で船に大量の覚醒剤所持していた

テレビ朝日ニュース 2019/06/05 18:11

 船の中から約1トンの覚醒剤が見つかった。

 浜辺にぽつんと置かれた1隻の船。3日夜、静岡県南伊豆町で見つかった不審船だ。船内で食べたのだろうか。大手ファストフード店の包み紙などが残されていた。
 警視庁や海上保安庁が船を調べたところ、中から見つかったのは大量の覚醒剤。2キロほどに小分けされた袋が数百個出てきたという。現場の捜査員によると、押収した覚醒剤は目測で1トン近くあり、末端価格で約600億円になるという。もし、1トン近くあれば国内で一度に押収した覚醒剤としてこれまでで最も多くなる。
 警視庁は、覚醒剤を所持していた疑いで現場にいたリン・チンスン容疑者(35)など中国人7人を逮捕した。調べに対し、全員が容疑を否認しているという。警視庁は、国際的な薬物の密売グループが関わっているとみて密輸ルートなどを調べている。










テレビ朝日ニュース 2019/06/05 23:30

 静岡県の伊豆半島で3日、大量の覚醒剤を船で密輸しようとしたとみられる中国人の男7人が逮捕された。押収された覚醒剤は約1トン、末端価格約600億円に相当するとみられ、覚醒剤密輸事件の押収量としては過去最多だった。覚醒剤は、海上で船から船に荷物を移し替える『瀬取り』という方法で密輸されたとみられているが、どこで移し替えられたのか、どこから運ばれてきたのかはわかっていないという。






TBSニュース 5日 17時42分

 静岡県南伊豆町で不審な船から覚醒剤およそ1トン、末端価格600億円相当が押収され、中国人7人が警視庁などに逮捕されました。1度に押収された量としては国内最多となる見通しです。





目次










02
呉小蘭容疑者(37)中国籍
不正に入手したキャッシュカードで現金150万円を引き出した

日テレNEWS24  2019年6月7日 18:49

不正に入手したキャッシュカードで現金150万円を引き出したとして、中国人の女が逮捕された。

警視庁によると、中国籍の呉小蘭容疑者は今年4月、東京・台東区のATMで、不正に入手したキャッシュカード2枚を使って、中国人名義の口座から現金150万円を引き出した疑いが持たれている。この口座には、事件の直前に印刷会社から不正に送金された300万円が入っていたという。

呉容疑者は、中国語のネット掲示板でアルバイトに応募したところ、中国語を話す男にキャッシュカードを渡され、150万円を引き出すよう指示されたという。警視庁は、背後に中国人の詐欺グループが関与しているとみて調べている。










TBSニュース 7日 20時11分

 印刷会社の口座から不正アクセスによって中国人の口座に送金された現金150万円を引き出したとして、中国籍の37歳の女が警視庁に逮捕されました。

 窃盗の疑いで逮捕されたのは、中国籍のマッサージ店従業員・呉小蘭容疑者(37)で、今年4月、東京・台東区のコンビニエンスストアのATMで、他人名義のキャッシュカード2枚を使い、現金150万円を引き出した疑いがもたれています。

 引き出された現金は、事件当日、印刷会社の口座から不正アクセスによって中国人の口座に送金されたもので、呉容疑者は別の中国人とみられる男からカード2枚を受け取り、「カネをおろせ」と指示を受けたということです。

 取り調べに対し、呉容疑者は容疑を認め、「中国人向けのインターネット掲示板にあったアルバイトに応募した」と供述しているということで、警視庁がカードを渡した男の行方を追っています。






テレビ朝日ニュース 2019/06/08 10:05

 他人名義のキャッシュカードで現金を引き出して盗んだとして「引き出し役」の中国人の女が逮捕されました。

 中国人のゴ小蘭容疑者(37)は、東京・台東区の4カ所のコンビニ店のATMで他人名義のキャッシュカードを使い、合わせて現金150万円を盗んだ疑いが持たれています。警視庁によりますと、ゴ容疑者はJR上野駅近くで中国語を話す面識のない男からキャッシュカード2枚と通帳を受け取って現金を引き出し、埼玉県内で別の中国人の男に手渡していました。ゴ容疑者は容疑を認めています。引き出された現金はインターネット上で他人の銀行口座に不正にアクセスして得た金を別の口座に移し替えたものとみられ、警視庁は、他にも犯行の指示役などがいるとみて、実態解明を進めています。

目次










03
廖鳳齡被告(31) 中国籍の女
カップ麺などの中に隠した覚せい剤をアメリカから密輸しようとした
香港から新千歳空港に入国し、札幌市内の民泊施設で覚醒剤を隠したカップ麺を受け取り、川崎に運んでいた

FNN 2019年6月18日 火曜 午後3:54

カップ麺などの中に隠した覚せい剤をアメリカから密輸しようとしたなどして、中国籍の女が逮捕・起訴された。

覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕・起訴されたのは、住所不定の廖鳳齡被告(31)。

北海道厚生局麻薬取締部によると、廖被告は5月、アメリカから覚せい剤およそ2kg、末端価格にして1億2,000万円相当を、札幌市の中国人経営の民泊マンションに密輸したとして逮捕・起訴された。

廖被告は「中身は食材だ」などと容疑を否認している。

(北海道文化放送)








【社会】中国籍の女「覚醒剤でなく食材だ」…カップ麺の中に-北海道厚生局麻薬取締部[6/18]
1右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん2019/06/18(火) 15:46:16.26ID:CAP_USER

カップ麺に覚醒剤を隠して米国から密輸したとして、厚生労働省北海道厚生局麻薬取締部は18日、中国籍の自称会社員廖鳳齢りょうほうれい容疑者(31)を覚醒剤取締法違反(営利目的輸入)などの疑いで逮捕したと発表した。逮捕は5月25日。

 発表によると、廖容疑者は5月23~24日、粉末入浴剤・バスソルトの容器5個とカップ麺36個に隠した覚醒剤計約2キロを、営利目的で米国から札幌市豊平区の民泊マンションに郵送するなどした疑い。覚醒剤は、カップ麺の粉末スープに見せかけた袋に入れていたという。

 バスソルトの容器入りの覚醒剤が税関職員によって発見され、廖容疑者の関与を調べていた。廖容疑者は札幌から新幹線などを乗り継ぎ、東京へ移動。翌25日朝、ホテルで覚醒剤の入った袋だけ取り出し、電車でJR川崎駅前に移動したところで、確保された。

 廖容疑者は調べに、「覚醒剤ではなく、食材だ」と容疑を否認しているという。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20190618-OYT1T50141/
讀賣新聞 2019年6月18日(火)

https://i.imgur.com/eXpKlkE.jpg
覚醒剤が隠されていたカップ麺(18日、札幌市内で) 


3<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2019/06/18(火) 15:47:26.99ID:zxsbP4ed
シナ人ならシャブ食うぐらい余裕だろ 


5<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2019/06/18(火) 15:48:19.55ID:72TpmdhB
食わせてみたら良かったのに。 


13<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2019/06/18(火) 15:55:03.70ID:WhwKGJnt
この開き直り
レンホーみたいだなw 


22<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2019/06/18(火) 15:57:32.80ID:xrWkZBUR
これ粉末スープの袋使わないタイプのカップ麺じゃん 


24<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2019/06/18(火) 16:02:59.50ID:oNeSkhu5
川崎民国に持ち込むとは早くチョンとの繋がりを突き止め芋づる式に捕まえ中国式刑罰を


25<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2019/06/18(火) 16:04:22.34ID:1XgXeViB
川崎ってトコがまた
Zが絡んでるね 


26<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2019/06/18(火) 16:05:05.07ID:2o0uusdL
またチョンかよ 



TBSニュース 18日 11時41分

 カップ麺の容器などに入れて覚醒剤を密輸し、隠し持っていた罪などで中国籍の女が起訴されました。

 中国籍のリュウ フン リン ネコ被告(31)は先月、アメリカから覚醒剤を密輸し、隠し持っていた罪などに問われています。北海道厚生局によりますと、密輸された覚醒剤はおよそ2キロ、末端価格にして1億2000万円相当で、10万回分に当たり、カップ麺の容器とバスソルトの容器に隠されていました。

 リュウ被告は、香港から新千歳空港に入国し、札幌市内の民泊施設で覚醒剤を隠したカップ麺を受け取り、川崎に運んでいました。調べに対しリュウ被告は、受け取ったのは食材で、覚醒剤とは知らなかったと否認しています。






目次










04
張毅容疑者(44)中国籍で三重県津市の風俗店従業員
萩原和佳容疑者(36)はぎわら かずよし 東京・武蔵村山市の会社員
偽装結婚で在留資格を不正に更新

TBSニュース 19日 14時25分

 在留資格を更新するため同居する夫婦を装い、ウソの書類を提出したとして中国籍の女と日本人の男が警視庁に逮捕されました。

 入管難民法違反の疑いで逮捕されたのは中国籍で三重県津市の風俗店従業員、張毅容疑者(44)と東京・武蔵村山市の会社員、萩原和佳容疑者(36)です。2人はおととし7月、実際には同居していないにもかかわらず、同居する夫婦を装い、ウソの書類を東京入国管理局に提出して張容疑者の在留期間を不正に更新した疑いが持たれています。

 取り調べに対し、張容疑者が「別居と言われても仕方ありません」と容疑を認める一方、萩原容疑者は「申請した書類が違法であることは知らなかった」と一部否認しています。

 警視庁は、2人がおよそ4年前から偽装結婚していた可能性があるとみて調べています。









目次










05
張海艶容疑者(35)中国籍で無職
大泉清容疑者(56)町田市に住む自称・自営業
在留資格を更新するため偽装結婚した

TBSニュース 6月29日 11時19分

 在留資格を更新するため同居する夫婦を装い、うその書類を提出したとして日本人の男と中国籍の女が警視庁に逮捕されました。

 逮捕されたのは、町田市に住む自称・自営業の大泉清容疑者(56)と中国籍で無職の張海艶容疑者(35)です。

 2人は2015年7月、実際には同居していないにもかかわらず、同居する夫婦を装い、うその書類を町田市役所に提出した疑いがもたれています。

 取り調べに対し大泉容疑者は「一緒に住んでないので、偽装結婚と言われても仕方ない」と容疑を認めているということですが、張容疑者は「本当の結婚です」と否認しています。警視庁は、2人がおよそ4年前から偽装結婚していたとみて調べています。













テレビ朝日ニュース 2019/06/29 12:13

 東京・町田市に嘘の婚姻届を提出したとして、56歳の男と35歳の中国人の女が逮捕されました。在留資格が目当てだったとみられています。

 大泉清容疑者と中国人の張海艶容疑者は2015年7月、町田市役所に嘘の婚姻届を提出して受理させた疑いが持たれています。警視庁によりますと、張容疑者は2008年に来日してこれまでに日本人と数年ずつ4回結婚し、配偶者として在留資格の延長を続けていました。張容疑者は「本当に結婚しています」と容疑を否認していて、大泉容疑者は容疑を認めています。







目次










06
ソニンバヤル容疑者(35)兵庫県尼崎市水堂町、人材派遣会社社長 中国籍
不法在留のベトナム人7人を兵庫県内の工場に送り込んで勤務させた

産経ニュース 2019.6.3 19:08
ベトナム人の不法就労助長、中国籍社長ら逮捕 兵庫
2019.6.3 19:08

 不法在留のベトナム人7人を兵庫県内の工場に送り込んで勤務させたとして、兵庫県警組織犯罪対策課は3日、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、兵庫県尼崎市水堂町、人材派遣会社社長、ソニンバヤル容疑者(35)ら中国籍の男2人を逮捕した。いずれも容疑を否認している。

 県警は昨年9月、技能実習生の資格で入国するなどしたベトナム国籍の男女30人を摘発。いずれも「定住者」と記載された偽造在留カードを作成した上で同容疑者側から県内の工場に労働者として派遣されており、県警がカードの入手ルートなどを捜査している。

 逮捕容疑は昨年4~9月、不法に在留していた20~30代のベトナム国籍の男性7人を、同容疑者が経営する尼崎市内の人材派遣会社から県内の携帯電話の部品製造工場に派遣し勤務させたとしている。

目次










07
フー・ナイクン被告(50)中国籍 覚醒剤約340キロを所持したとして起訴
名古屋地裁(吉井隆平裁判長)は14日、無罪を言い渡した
求刑は懲役10年、罰金350万円、覚醒剤の没収

産経ニュース 2019.6.14 15:28
覚醒剤所持、中国籍の男性無罪 名古屋地裁判決
2019.6.14 15:28

 名古屋市港区の倉庫で昨年10月、覚醒剤約340キロを所持したとして、覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の罪に問われた倉庫の借り主で中国籍のフー・ナイクン被告(50)の判決で、名古屋地裁(吉井隆平裁判長)は14日、無罪を言い渡した。求刑は懲役10年、罰金350万円、覚醒剤の没収だった。

 公判では、台湾から輸入され、倉庫に搬入されたタイヤホイールに覚醒剤が隠されていたことを認識していたかどうかが争われた。

 台湾籍の男3人=同法違反罪で公判中=と共謀、昨年10月4日に倉庫で覚醒剤約340キロを所持したとして起訴されていた。



産経新聞
https://www.sankei.com/economy/news/190628/prl1906280358-n1.html



目次










08
劉秋穎被告(30)中国籍の技能実習生
同居する中国籍の技能実習生の女性を暴行して死亡させた
18日、前橋地裁(水上周裁判長)で開かれた裁判員裁判初公判で、起訴内容を「間違いありません」と認めた

産経ニュース 2019.6.18 10:29
同居の女、起訴内容認める 実習生傷害致死、前橋地裁
2019.6.18 10:29

 同居する中国籍の技能実習生の女性を暴行して死亡させたとして、傷害致死の罪に問われた中国籍の技能実習生、劉秋穎被告(30)は18日、前橋地裁(水上周裁判長)で開かれた裁判員裁判初公判で、起訴内容を「間違いありません」と認めた。

 起訴状によると、昨年10月27日午前9時半~同11時ごろ、群馬県伊勢崎市のアパートで、同居していた李雪さん=当時(25)=の頭や顔を包丁で刺し、首や腹を踏んで死亡させたとしている。

 県警によると、劉被告は昨年8月末に来日し、李さんと同じペット用品の製造工場で働いていた。李さんは同10月27日午前11時半ごろ、浴室で頭から血を流した状態で見つかり病院で死亡。劉被告は一時所在不明になったが、伊勢崎市内で面識のない女性に話し掛けて通報され、発見された。

目次










end

0 件のコメント:

コメントを投稿