2018年12月26日水曜日

【事件メモ】2018 12/18 - 20







2018年 12/19
高野和彦容疑者(54)千葉県佐倉市の自宅マンションで学校経営者の75歳の男性が殺害された事件
篠崎洋一郎被告(56)「はれのひ」社長 懲役2年6か月(求刑5年)
菖蒲谷将樹容疑者(34)自宅近くで放火「むしゃくしゃしていた」
土肥史幸容疑者(44)殺人未遂
山田浩二被告(48)② 求刑通り死刑判決
大川寛容疑者(60) 冷凍ホタテなどおよそ1,500万円相当を販売目的でだまし取った
中川守容疑者(57) 「傘が目に当たった」などと因縁をつけ現金50万円をだまし取ろうとした
身元不詳の男 求刑通り罰金30万円の判決 万引きした罪
カミンスカス操容疑者(59)「積水ハウス」地面師詐欺事件の主犯格 フィリピンで身柄を拘束

2018年 12/20
荒井祐輝容疑者(39) 妻の遺体を山に捨てた
世良賢史容疑者(38) 東京・渋谷区のマンションで大麻草およそ400本を販売目的で栽培していた
鶴田三侑人容疑者(22)JR南武線の車内で下半身を露出し女子高校生に体液をかけた






--------------------------------------------------------------------------------------------






No.001
高野和彦容疑者(54)たかの かずひこ 元運転手
千葉県佐倉市の自宅マンションで学校経営者の75歳の男性が殺害された事件

日テレNEWS24  2018年12月19日 11:52
1

先月、千葉県佐倉市の自宅マンションで学校経営者の75歳の男性が殺害された事件で、逮捕された元運転手の男が、マンションのエレベーターのボタンを拭き取る様子が防犯カメラに映っていたことが分かった。

高野和彦容疑者は岩井二郎さんを殺害し、現金およそ20万円を奪った疑いで、送検された。

捜査関係者によると、岩井さんの生存が最後に確認された先月23日に、高野容疑者が別の住人の後をつけてマンション内に侵入して、岩井さんが住む最上階でおり、その後、再びエレベーターに乗ると、最上階と1階などを複数回行き来し、その際に、エレベーターのボタンを拭き取る姿が防犯カメラに映っていたことが分かった。

警察は、高野容疑者が痕跡を消そうとした可能性もあるとみて調べている。















No.002
篠崎洋一郎被告(56)「はれのひ」社長
懲役2年6か月(求刑5年)

日テレNEWS24  2018年12月19日 12:09
2

今年の成人式の直前に営業を中止し、その後、破産した振り袖レンタル会社「はれのひ」の元社長が詐欺罪に問われている裁判で、横浜地裁は、懲役2年6か月の実刑判決を言い渡した。

篠崎洋一郎被告は2016年、「はれのひ」が債務超過に陥っているにもかかわらず、経営状態が良好であると偽り、2つの銀行から融資金あわせて約6500万円をだまし取った罪に問われている。

これまでの裁判で篠崎被告は起訴内容を認め、検察側は懲役5年を求刑していた。

19日の判決で横浜地裁は、「独善的で甘い見通しに基づいた経営判断から財務状況のひっ迫を招いたにもかかわらず、会社を存続させたいがために犯行に及んでおり、強い非難に値する」として、篠崎被告に懲役2年6か月の実刑判決を言い渡した。















菖蒲谷将樹容疑者(34)しょうぶだに まさき 東京・稲城市の無職
自宅近くで放火「むしゃくしゃしていた」

日テレNEWS24  2018年12月19日 14:28
3

東京・稲城市にあるドラッグストアの敷地内で段ボール箱に火をつけたとして、近くに住む無職の男が逮捕された。男は周辺で相次いだあわせて4件の不審火について、関与を認めているという。

警視庁によると、稲城市の無職・菖蒲谷将樹容疑者は今月3日午前1時40分頃、自宅近くのドラッグストアで、段ボール箱に火をつけて店を燃やそうとした疑いが持たれている。火は店の外壁を焼いたが、すぐに消し止められた。調べに対し、菖蒲谷容疑者は、容疑を認め「むしゃくしゃしていた」などと話しているという。

現場近くでは、この日、およそ1時間の間に半径250メートルの範囲でバイクなどが燃える不審火があわせて4件相次いでいて、菖蒲谷容疑者は、これらについて関与を認めているという。















No.004
土肥史幸容疑者(44)どひ のぶゆき
殺人未遂

日テレNEWS24  2018年12月19日 15:17
4

茨城県つくば市で割り込みを注意しようとクラクションを鳴らしたタクシーに腹を立て、運転手の男性をひき殺そうとしたなどとして、44歳の男が逮捕された。

殺人未遂などの疑いで逮捕されたのは、土肥史幸容疑者(44)。警察によると、土肥容疑者は18日午後10時半すぎ、つくば市内のバスターミナル付近で割り込みを注意しようとクラクションを鳴らしたタクシーに腹を立て、タクシーに乗り込んで男性運転手の顔を殴った上、車で逃走する際、引き留めようとした男性運転手をひき殺そうとした疑いがもたれている。

男性運転手は転倒して頭を打つなどの軽傷。警察は、土肥容疑者の認否を明らかにしていない。

現場は一般車両の通行が禁止されている場所で、警察は当時の状況について詳しく調べている。















山田浩二被告(48)② 大阪・寝屋川市の中学1年の男女を殺害
求刑通り死刑判決

日テレNEWS24  2018年12月19日 15:36
5

大阪・寝屋川市の中学1年の男女を殺害したとして、死刑を求刑された山田浩二被告に対し、大阪地裁は死刑を言い渡した。

山田浩二被告は3年前、大阪府寝屋川市の中学1年の男女2人の首を絞めるなどして、殺害した罪に問われていた。

これまでの裁判で、検察側は犯行を裏付ける直接的な証拠がない中、遺体の鑑定結果などから死刑を求刑していた。

一方、弁護側は、男子生徒については体調不良で死亡した可能性があるとして無罪、女子生徒については殺意はなかったとして懲役12年が適当だと主張していた。















大川寛容疑者(60) おおかわ ゆたか 会社員
野山幸二容疑者(58)のやま こうじ
冷凍ホタテなどおよそ1,500万円相当を販売目的でだまし取った

FNN 12/19 13:07
6

水産加工会社から、冷凍ホタテなどおよそ1,500万円相当を販売目的でだまし取った疑いで、男3人が逮捕された。

会社員の大川寛容疑者(60)ら3人は、2017年9月、宮城県の水産加工会社に電話やファックスで冷凍ホタテなどを注文し、およそ1,500万相当を代金を支払わずにだまし取った疑いが持たれている。

また、この事件で、すでに逮捕されている藤崎久雄容疑者ら4人は、東京・品川区の会社から同様の手口で、チャーシューおよそ250万円相当をだまし取った疑いで再逮捕された。

警視庁は、大川容疑者らが全国10社以上から、食品などあわせて5,000万円相当をだまし取って販売したとみて調べている。















中川守容疑者(57) なかがわ まもる 住所不定
「傘が目に当たった」などと因縁をつけ、50代の女性から現金50万円をだまし取ろうとした

FNN 12/19 13:09
7

神奈川・横浜市のJR長津田駅で、「傘が目に当たった」などと因縁をつけ、50代の女性から現金50万円をだまし取ろうとした疑いで、57歳の男が逮捕された。

詐欺未遂の疑いで逮捕された、住所不定の中川守容疑者(57)は17日、横浜市緑区のJR長津田駅で、「あなたの傘が私の目に当たった」などと因縁をつけ、示談金として、現金50万円をだまし取ろうとした疑いが持たれている。

調べに対し、「全て言いがかりだ」と否認しているが、中川容疑者は自らを社長と名乗り、手書きで和解書を準備するなどしていたという。

警察は、余罪があるとみて捜査している。















身元不詳の男 求刑通り罰金30万円の判決
万引きした罪

FNN 12/19 13:13
8

万引きした罪に問われた男に、身元不詳のまま、有罪判決が言い渡された。

身元不詳の男は、2018年10月、埼玉・北本市のスーパーで、即席めんなど32点、およそ1万円相当を万引きした窃盗の罪に問われていた。

男は、捜査段階から一貫して名前や住所を明かさず、弁護士にも身元については話さなかった。

さいたま地裁は、19日の判決で、男を身元不詳のまま、求刑通り罰金30万円の判決を言い渡したが、最後に、裁判長が「今後、更生するにあたって、名乗る必要があることを頭に入れてほしい」と諭した。















カミンスカス操容疑者(59)ミサオ 「積水ハウス」地面師詐欺事件の主犯格
日本時間の19日正午ごろフィリピンで身柄を拘束

TBSニュース 19日 20時51分
9

 大手住宅メーカー「積水ハウス」が土地の購入代金63億円をだまし取られた事件で、フィリピンに逃亡中だった主犯格の男が入国管理当局に身柄を拘束されました。
 フィリピンの入管当局の施設で職員に囲まれながら廊下を歩く男。「積水ハウス」をめぐる地面師詐欺事件の主犯格・カミンスカス操容疑者が、フィリピンの入管当局に身柄を拘束されました。現地当局によると、拘束されたのは日本時間の19日正午ごろだということです。
 カミンスカス容疑者ら「地面師グループ」は、旅館の女将になりすまし商談を進める手口で、都内の不動産会社に実際には所有権を持っていない東京・品川区の土地の売買を持ちかけるなどしていたほか、同じ手口で「積水ハウス」からおよそ63億円をだまし取った疑いが持たれています。
 警視庁は、今年10月から順次、「旅館の女将役」の羽毛田正美被告や、「計画を立案した主犯格」の内田マイク容疑者らあわせて16人を逮捕。主犯格のカミンスカス容疑者は、グループの摘発の直前にフィリピンに出国していました。
 カミンスカス容疑者は、不法滞在の疑いで身柄を拘束されていて、警視庁は、今後、日本に移送し、事件の全容解明を進める方針です。















No.010
荒井祐輝容疑者(39) あらい ゆうき 岩見沢市清水町の農業
妻の遺体を山に捨てた

FNN 12/20 12:07
10

北海道・三笠市で、妻の遺体を捨てたとして39歳の男が逮捕された事件で、警察は、家庭内のトラブルが、犯行の動機になった可能性があるとみて捜査している。

死体遺棄の疑いで20日に送検されたのは、岩見沢市清水町の農業・荒井祐輝容疑者(39)。

荒井容疑者は11月2日ごろ、三笠市の山に成人の遺体を捨てた疑いで逮捕されたが、司法解剖の結果、遺体は、妻の智恵さんと確認された。

警察によると、2人は、2018年4月から別居していたということで、捜査本部では、夫婦の間に男女関係をめぐるトラブルがあり、犯行の動機になった可能性があるとみている。

警察は、20日朝から、荒井容疑者の自宅の家宅捜索を行うことにしている。

(北海道文化放送) 















No.011
世良賢史容疑者(38) せら けんし   無職
星和弥容疑者(31)ほし かずや
東京・渋谷区のマンションの部屋などで、大麻草およそ400本を販売目的で栽培していた

FNN 12/20 13:34
11

東京・渋谷区のマンションの部屋などで、大麻草およそ400本を販売目的で栽培していた疑いで、男2人が逮捕された。

世良賢史容疑者(38)ら2人は、渋谷区や中野区など、マンションの部屋で、あわせて392本の大麻草を販売目的で栽培していた疑いが持たれている。

世良容疑者は、自宅で3つの袋に小分けされた乾燥大麻90グラムを所持していたところを現行犯逮捕されていて、その後の捜査で、2人が大麻を栽培していたことが発覚した。

栽培に使われた部屋は3カ所あり、いずれも世良容疑者の名前で契約されていた。

世良容疑者は容疑を認めていて、警視庁は、大麻の種の入手経路や販売ルートなどを捜査している。















No.012
鶴田三侑人容疑者(22)つるた みうと  東京・町田市に住む私立大学4年
JR南武線の車内で下半身を露出し女子高校生に体液をかけた

TBSニュース 20日 20時25分

 JR南武線の車内で女子高校生に自分の体液をかけたとして、大学生の男が逮捕されました。
 逮捕されたのは、東京・町田市に住む私立大学4年の鶴田三侑人容疑者(22)で、18日、JR南武線の中野島駅から登戸駅を走行中の電車内で、高校2年の女子生徒の制服に自分の体液をかけた疑いが持たれています。鶴田容疑者が下半身を露出しているところを、女子生徒と一緒にいた同級生が見つけ事件が発覚したということで、取り調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めているということです。
 川崎市内では、これまでにも同様の被害が数件起きていて、警察は、鶴田容疑者の余罪の可能性もあるとみて捜査しています。










おわり






























1





FNN 12/19 12:00

日本語学校を経営していた社長を殺害した疑いで逮捕された男は、社長との仕事をめぐるトラブルが原因で、退職していたことがわかった。
警察は、男が社長に恨みを抱いて、犯行に及んだ可能性があるとみて調べている。

高野和彦容疑者(54)は、11月下旬、千葉・佐倉市の高層マンションに住む、日本語学校経営の岩井二郎さん(75)の頭を殴るなどして殺害し、現金およそ20万円を奪った疑いで、18日に逮捕された。

調べによると、マンション1階の防犯カメラに、11月23日、オートロック付きの玄関から住人のあとをつけて入っていく、高野容疑者に似た男が映っていたという。

また、岩井さんの専属運転手だった高野容疑者は、2018年3月、岩井さんとの仕事をめぐるトラブルが原因で退職していたという。







日テレNEWS24  2018年12月19日 15:15

先月、千葉県佐倉市の自宅マンションで学校経営者の75歳の男性が殺害された事件で、逮捕された元運転手の男が、マンションのエレベーターのボタンを拭き取る様子が防犯カメラに映っていたことがわかった。

警察によると、逮捕された高野和彦容疑者は先月、佐倉市のマンションで日本語学校などを経営する岩井二郎さんを殺害し、現金およそ20万円を奪った疑いで、19日、送検された。

捜査関係者によると、岩井さんの生存が最後に確認された先月23日に、高野容疑者が別の住人の後をつけてマンション内に侵入して、岩井さんが住む最上階でおり、その後、再びエレベーターに乗ると、最上階と1階などを複数回行き来し、その際に、エレベーターのボタンを拭き取る姿が防犯カメラに映っていたことがわかった。

警察は、高野容疑者が痕跡を消そうとした可能性もあるとみて調べている。また、捜査関係者によると、高野容疑者と岩井さんとの間に仕事上のトラブルがあったという。

調べに対し高野容疑者は容疑を否認しているということだが、警察は、高野容疑者が岩井さんへの恨みが募って犯行に及んだ可能性があるとみて事件の経緯を詳しく調べている。







FNN 12/19 18:00

警察署から出てきた1人の男。
うつむいたまま、車に乗り込んだ。

強盗殺人の疑いで逮捕された、無職・高野和彦容疑者(54)。
19日、検察に身柄を送られた。

千葉・佐倉市の高層マンション最上階で、11月に殺害された日本語学校経営者・岩井二郎さん(75)。

高野容疑者は、岩井さんの頭を殴るなどして殺害し、現金およそ20万円を奪った疑いが持たれている。

殺された岩井さんの自宅マンションが見える住宅に、高野容疑者は住んでいた。

高野容疑者は、岩井さんの元専属運転手で、自宅と職場の送迎を担当。

しかし、2018年3月、仕事をめぐるトラブルが原因で、退職したという。

当時の2人の関係について、高野容疑者の友人は、「高野容疑者は、岩井さんの運転手だけでなく、身の回りの世話をしていた。しかし、休みの日も呼び出されていて、岩井さんから送られてきたメールなどの返信が遅いと、怒られたりしていた。相当参っていたと思う」と証言した。

現場マンション1階の防犯カメラには、岩井さんの遺体が見つかる2日前の11月23日、オートロックつきの玄関から、住人の後ろについて中に入る、高野容疑者に似た男が映っていたという。

頭部に、複数の殴られた痕があった岩井さん。

警察は、高野容疑者が、岩井さんに恨みを抱いて犯行に及んだ可能性があるとみて、追及している。



戻る




















2




戻る




















3





FNN 12/20 13:31

東京・稲城市で12月3日未明に発生した連続放火事件で、近所に住む無職の男が逮捕された。

菖蒲谷将樹容疑者(34)は、12月3日午前1時40分ごろ、稲城市東長沼のドラッグストアの敷地内で、ダンボールにライターで火をつけ、放火しようとした疑いが持たれている。

周辺では、およそ1時間のうちに、オートバイが燃やされるなど、4件の不審火があった。

警視庁が周辺の防犯カメラ18台を解析したところ、現場付近で白い服を着て歩く菖蒲谷容疑者の姿が映っていたという。

調べに対し、菖蒲谷容疑者は、「むしゃくしゃしてやった」、「複数件やりました」などと容疑を認めている。





テレビ朝日ニュース 2018/12/20 10:32

 東京・稲城市のドラッグストアに放火しようとしたとして34歳の男が逮捕されました。警視庁は男が他にも3件の不審火に関与しているとみて調べています。

 菖浦谷将樹容疑者は3日午前1時40分ごろ、稲城市東長沼でドラッグストアの裏口にあった段ボールにライターで火を付けて店に放火しようとした疑いが持たれています。警視庁によりますと、近くにある防犯カメラには火事の前後に菖浦谷容疑者の姿が映っていました。周辺では約1時間に駐車中のオートバイやパソコンなどが焼ける不審火が3件、相次いでいて、菖浦谷容疑者が関与を認めているということです。菖蒲谷容疑者は取り調べに対し、「仕事が決まらず、むしゃくしゃした」「持っていたライターで火を付けた」などと容疑を認めています。

戻る




















4



戻る




















5



FNN 12/19 17:00

3年前、大阪・寝屋川市の中学1年の男女を殺害した罪に問われた山田浩二被告の裁判員裁判で、大阪地方裁判所は2人の殺害を認め、死刑を言い渡した。

無職の山田浩二被告(48)は、3年前の8月、中学1年の平田奈津美さん(当時13)と星野凌斗さん(当時12)を殺害した罪に問われていた。

山田被告は初公判で、土下座して謝罪したものの、起訴内容を否認していた。

19日の判決で、大阪地裁は「山田被告が平田さんと星野さんの首を絞めて殺害した」と2人の殺害を認定した。

2人のうち、どちらを先に殺害したのかは断定せず、1人目を何らかの事情で殺害したあと、口封じのために2人目を殺害したと断定。

弁護側が主張した「熱中症などによる突然死」について、「可能性は極めて低い」と退け、「これまでの被告の供述は、虚偽と言わざるを得ない作り話」だとした。

また、発達障害が犯行に影響したと主張していた山田被告の責任能力を認め、「大人が守るべき中学1年の2人を出会ったその日に殺害していて、非難の度合いが格段と高く、生命軽視が著しい」、「何の落ち度がない2人を苦しむ中で殺害した、極めて例を見ない残忍冷酷な犯行」として死刑を言い渡した。

山田被告の弁護側は、控訴する方針。

(関西テレビ)









FNN 12/19 18:42

大阪・寝屋川市の中学1年の男女が殺害された事件で、山田浩二被告(48)に死刑判決が言い渡された。
裁判長は、「生命軽視が著しく、残忍、冷酷な犯行」と厳しく断罪した。

未来ある中学生2人の命を奪った男に下されたのは、「死刑」。

極刑を言い渡された瞬間、山田浩二被告は何を思っていたのか、上を見上げていた。

3年前の8月、寝屋川市の中学1年生だった平田奈津美さん(当時13)と、同級生の星野凌斗さん(当時12)は、商店街で行方不明となり、その後、別々の場所で遺体で見つかった。

2人に対する殺人の罪で起訴された山田被告は、初公判で土下座をして謝罪したものの、起訴内容を否認し、検察は死刑を求刑していた。

遺族は法廷で、「土下座や謝罪はパフォーマンスで、全く心に届くものはなかった」、「死刑判決が下されることを、強く強く望みます」と述べた。

遺族が極刑を訴える中、迎えた19日の判決。

浅香裁判長は、「1時間余りあとに主文を言い渡します」と述べ、結論より前に理由を説明する、いわゆる“主文後回し”がとられたことで、極めて厳しい刑が想定され、法廷は静まり返った。

山田被告は終始、上を向いて話を聞いていた。

裁判長は、検察の主張を、ほぼ全面的に採用。

山田被告が、平田さんと星野さんの首を絞めて殺害したと、2人の殺害を認定した。

特に争われていた星野さんの死因については、「遺体の歯や骨がピンク色になっていて、窒息死と考えられる」と認定。

弁護側が主張した、「熱中症などによる突然死」は、可能性は極めて低いと退けた。

そのうえで、裁判長は、「供述は信用できないどころか、虚偽と言わざるを得ない作り話だ」と、これまでの山田被告の供述は「うそ」だと一刀両断。

また、発達障害が犯行に影響したと主張していた山田被告の責任能力を認め、「2人を出会ったその日に殺害していて、生命軽視が著しい、極めて例を見ない残忍、冷酷な犯行」と断罪した。

そして、開廷から1時間半後。

裁判長は、「被告人を死刑に処する」と判決を言い渡した。

山田被告は判決のあと、落ち着いた様子で、遺族に向かって、3回お辞儀をして、法廷をあとにした。

弁護側は、「明らかな事実誤認がある」として、控訴する方針を明らかにした。

(関西テレビ) 





テレビ朝日ニュース 2018/12/19 16:54

 中学生の男女2人を殺した罪に問われた被告に裁判員らは死刑の判断を下した。直接証拠がないなか、遺体が語る声なき声をどう聞くか。注目は「ピンク歯」と呼ばれる現象だった。

 大阪府寝屋川市の平田奈津美さん(当時13)、星野凌斗さん(当時12)。2015年、2人の中学1年生を窒息させて殺害した罪に問われている山田浩二被告(48)の裁判。最大の争点は自供や目撃証言など直接証拠がないなか、殺人罪が成立するか。19日午後、注目の判決が言い渡された。判決は死刑。2人に対する殺意、そして、責任能力も認められたのだった。星野さんとは何らかのトラブルがあり、平田さんはその口封じのために殺害したとした。初公判ではいきなり、ひざまずいて遺族らに向かって土下座した山田被告。その一方で弁護側は、2人に対して殺意はなく、星野さんは何らかの体調不良で亡くなった可能性があるとして無罪。平田さんに関しては大声を出さないように口を押さえていたら手が首にいってしまったとして、殺人罪より量刑が軽い傷害致死罪を主張していた。粘着テープで顔を何重にも巻かれて両手首を体の後ろで縛られていた平田さん。全身の数十カ所の切り傷について弁護側は…。
 弁護側(冒頭陳述から):「何とか生き返らせたい。“ショック療法”を思いつき、カッターナイフで生き返れと思い、女の子の体を切った」
 山田被告によると、夜に商店街で2人と出会った時、カップルで家出していると思い、大雨のなか、親心から家まで送ろうと車に乗せたという。その後、車の中で星野さんが汗をかいて震え出し、平田さんから「息をしていない」と告げられたとして弁護側は熱中症などの体調不良で亡くなったと主張していた。裁判では、山田被告が事件のストーリーを饒舌(じょうぜつ)に語る一方、検察側は遺体の損傷が激しく、星野さんがいつ、どこで亡くなったか特定できていないなか、状況証拠を積み上げていく。着目したのは、星野さんの遺体に残されたピンク色に変わった歯だった。専門家によると、ピンク歯は首を絞められた窒息などで起こるもので、窒息の過程で血圧が上がって歯の中の毛細血管が切れて染み出した血液が歯を染めるという。頭部に血がたまるのは首の圧迫か死後に逆さづりの体勢にされるかのいずれかだというが、星野さんの遺体は横たわって見つかったため、検察側は首を絞められたと主張していた。そして19日、判決ではこのピンク歯について首を圧迫した可能性が高いと認めたのだ。弁護側は事実誤認があるとして控訴することになると思うとしている。







テレビ朝日ニュース 2018/12/19 16:58

 大阪府寝屋川市の中学1年の男女2人を殺害した罪に問われた男に対し、大阪地裁は死刑を言い渡しました。裁判を傍聴した記者が見た山田浩二被告(48)の様子です。

 入廷した時には、山田被告は緊張していたのか呼吸が荒めで、唾液をよく飲み込んでいたそうです。主文後回しを言い渡された際は静かに聞いていましたが、その後、事実認定を言い渡されている最中は途中からずっと上を仰ぎながら耳を傾け、少しぼうぜんとした表情を浮かべていたそうです。そして、死刑判決を言い渡された瞬間は特に反応はなかったのですが、退廷する際に何度も裁判長や遺族側に深々とお辞儀をし、最後は刑務官に引っ張られながら退廷したということです。



FNN 12/20 06:32

3年前、大阪・寝屋川市の中学1年の男女を殺害した罪に問われた男の裁判員裁判で、大阪地方裁判所は、死刑を言い渡した。

山田浩二被告(48)は3年前の8月、当時中学1年の平田奈津美さん(当時13)と星野凌斗さん(当時12)を殺害した罪に問われていた。

山田被告は、初公判で土下座して謝罪したものの、起訴内容を否認していた。

判決で、大阪地裁の浅香竜太裁判長は、「被告が平田さんと星野さんの首を絞めて殺害した」と認定した。

どちらを先に殺害したかについては、1人目を何らかの事情で殺害したあと、口封じのために2人目を殺害したとの判断を示した。

弁護側が主張した「熱中症などによる突然死」について、「可能性は極めて低い」と退け、「これまでの被告の供述は、虚偽と言わざるを得ない作り話だ」と述べた。

争点となっていた山田被告の責任能力も認め、「大人が守るべき中学1年の2人を、出会ったその日に殺害していて、非難の度合いが格段に高く、生命軽視が著しい」などとして、死刑を言い渡した。

弁護側は、即日控訴している。

(関西テレビ) 


戻る




















6





テレビ朝日ニュース 2018/12/19 11:58

 水産加工会社から冷凍ホタテなど1500万円相当を仕入れたのに代金を支払わずに転売したとして、詐欺グループの60歳の男ら3人が逮捕されました。

 大川寛容疑者(60)と野山幸二容疑者(58)ら3人は去年9月ごろから、仲間と共謀して宮城県女川町にある水産加工会社に対して「商品を仕入れたい」などと嘘を言い、冷凍ホタテなど約6800点、1500万円相当をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、大川容疑者らは食品卸会社を装っていて、大川容疑者が指示役で、野山容疑者が冷凍ホタテなどを買い取って転売していたとみられています。大川容疑者らは「詐欺をしているとは知りませんでした」などと容疑を否認しています。




戻る




















7




戻る




















8


戻る




















9











FNN 12/20 17:42

東京・品川区の広大な土地取引をめぐり、積水ハウスがおよそ63億円をだまし取られた、いわゆる「地面師事件」。

2カ月に及ぶ逃亡の末、フィリピンで身柄を拘束された、カミンスカス操容疑者(59)。

フィリピンでの逃亡生活が明らかになってきました。





戻る




















10





日テレNEWS24  2018年12月20日 11:59

北海道三笠市の山中に妻の遺体を遺棄したとしてブドウ農家の男が逮捕された事件で、男は、家庭環境をめぐるトラブルから妻を殺害したという趣旨の供述をしていることが新たにわかった。

死体遺棄の疑いで逮捕された岩見沢市のブドウ農家・荒井祐輝容疑者は20日朝、身柄を検察庁に送られた。荒井容疑者は先月2日ごろ、三笠市内の山中に妻の智恵さんの遺体を遺棄した疑いが持たれている。

警察によると、荒井容疑者と智恵さんは半年ほど前から別居していて、その後の取材で、荒井容疑者が「家庭環境をめぐるトラブルから妻を殺害した」という趣旨の供述をしていることが新たにわかった。

警察は荒井容疑者が智恵さんを殺害したとみて引き続き事情を聞いている。




戻る




















11








日テレNEWS24  2018年12月20日 12:12

東京・渋谷区のマンションなどで大量の大麻を栽培したとして、38歳の無職の男ら2人が逮捕された。

大麻取締法違反の疑いで逮捕されたのは、無職の世良賢史容疑者ら男2人。警視庁によると世良容疑者らは、今年8月頃から渋谷区や中野区のマンションの部屋など3か所で、あわせて392本の大麻を営利目的で栽培した疑いが持たれている。

世良容疑者は先月、乾燥大麻90グラムを営利目的で所持していたとして逮捕されていた。調べに対し、世良容疑者は容疑をおおむね認めているという。




テレビ朝日ニュース 2018/12/20 11:58

 東京都内のマンションで大麻を販売する目的で大量に栽培していたとして、男2人が逮捕されました。

 世良賢史容疑者(38)と星和弥容疑者(31)は8月ごろから11月ごろまでの間に、渋谷区や中野区にある3カ所のマンションで大麻草392本を販売する目的で栽培していた疑いが持たれています。警視庁によりますと、世良容疑者らは大麻草の栽培専用の部屋を借りていて、この部屋からは500グラム以上の乾燥大麻も見つかりました。警視庁と厚生労働省の麻薬取締部が合同で捜査していました。取り調べに対して世良容疑者は容疑を認め、星容疑者は否認しています。



戻る




















12






戻る










end

0 件のコメント:

コメントを投稿